月刊新松戸2005年10月号 第88回 パソコンの寿命(最後)は誰が決める?

先月号では、パソコンを患者さんに見立てたお話しをしましたが、パソコン修理は病人を診て治療することと似ているとつくづく思います。患者さん(付添い人)とのトラブルが起きないための配慮も大切ですし・・・。

さて、最先端のすぐれたソフトを快適に動かすには、やはり処理の早いパソコン、即ち最新のパソコンが必要となります。ソフトは優秀なハードを要求しているという事情があるからです。知人や友人のパソコンを操作してその快適さに触れてしまい、自分の遅いパソコンに嫌気がさした時がパソコンの買い替え時でしょう。つまりそれがパソコンの寿命です。

当Pハウスで、非常によくある質問の一つが、「このパソコンの寿命はあと何年でしょうか」です。壊れた時の買い換えの資金予定として非常に気になるようです。残念ながら、期待したあと何年という答えではなくて、壊れて直せない状態になる年数というよりも、本人の考え方、感じ方次第という面が大きいのです。

次に、本当に故障して壊れる場合の話です。パソコンは本質はコンピュータですが広い意味で電気製品でもありますから、一般家電と同じように電気的、機械的に壊れるようにできています。パソコンは決して頑丈に設計されている訳ではない!ということを声を大にして言います。シャトルに載せて宇宙に持っていくあらゆるモノは、すべて特別仕様であることは良く知られています。ネットやお店で普通に買えるようなパソコンを宇宙に持っていく筈がないのです。高品質で苛酷な環境にも耐えうる最高の部品を使って特別に組み立てられたものなのです。

あなたのお持ちのパソコンは、遅かれ早かれ間違いなく壊れます。新品であっても初期不良はある程度ありますし、消耗部品の位置付けであるハードディスクは、4~5年と言わず明日にでも壊れる可能性があります。運のいい人は、前兆として異音がしたり、不調の兆しがあるのですが、不運な人は突然壊れて真っ青になり、助けを求めて来店されます。比較的容易に救出できる場合もありますが、数十万円を覚悟しなければファイルの復旧が困難な場合もあります。

人間と違いパソコンには潤沢に治療費をかけることができませんから、その限界が寿命とも言えます。病院での延命措置では、医師が家族の同意を得て献身的にどこまでも努力します。その結果、時には悲惨な最期の姿を見ることもありますが、とにかく大切な命ですからお金の問題ではないのです。しかし、パソコンではそんなことはありえませんね。いくらでも簡単に代わりが手に入るからです。そしてバックアップしてあった大切なデータを移し変えて、また同じソフトを入れればよいだけですから、全く気が楽です。いつ壊れても良いように準備万端にしておくことが、パソコンとの正しい付き合い方ですし、いつお亡くなりになってもよいようにパソコン購入資金として最低限の積み立て保険は必要だと思います。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆