月刊新松戸2014年2月号 第187回 4月のWindowsXPサポート終了で、さあ大変!?

少しでもパソコンに関わっていれば、2014年問題とも言えるこのニュースを知らない人はいないでしょう。それ程大騒ぎしている理由は何でしょうか。もしかして、いくつかの会社などでLANに繋がったパソコンにウイルスが蔓延し、業務活動が数日間以上停止してしまうような事態になるかもしれないからです。起きる可能性は少ないかもしれませんが、どんな問題がどんな規模で起きるのかは誰も想像できないというのが本当のようです。

今度の4月9日で、Windowsを開発しサポートを行っているMicrosoft社(M社)がWindowsXpの不具合を修正しないということです。同時にOffice2003も終了です。つまり、以後はXpパソコンはウイルスに対して脆弱になるということです。M社の理不尽な方針、対応だと私も声を大にして言いたいところですが、営利企業の宿命としてわからないこともないです。多くの優秀なソフトウェアエンジニア達を過去の製品であるWindowsXpの為にいつまでも彼らの能力や時間を投入しないといけないということですから。早く次の新製品に注力し、売り上げを確保する必要があるというジレンマなのでしょう。家電の部品保有期間が製品によって5年~10年となっていますが、2001~2008年に発売されたWindowsXpも同じような年数だから、というのとは意味合いが違うと思います。今現在でもその利用者数は世界中で考えると数百万人レベルでいるはずですから。

しかし、身近にまだXpパソコンを使っている人はほとんどいないと感じるかもしれません。一般的なパソコンの寿命を考えるとXpパソコンの多くはすでに買い替えられているはずです。ところが問題は、実は学校や役所などの自治体にあるのです。短期間ですべてのXpパソコンを買い替えたり、ソフトやシステムを新しいWindows用に更新するということが予算不足でできないのが実情のようです。これがWindowsXp問題の本質なのです。

過去に西暦2000年問題がありました。年の下2桁を使っていたソフトが99年から00年になったとたんに1900年と認識し、予期せぬシステム障害を引き起こす可能性がある、というものでした。しかし、事前に多くのソフトが修正されたりしたこともあり、特に大きな事件や事故は起こりませんでした。何とか対応できたのです。しかし、対応すべきソフト側がそのサポートをやめるのです。また、ウイルスによる被害は予測不可能なのです。

当店、パソコンPハウスでは、移行しやすいWindows7パソコンを取り揃えております。データの移行、ご相談、出張での設置や設定もどうぞお任せください。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆