月刊新松戸2014年10月号 第195回 やっぱり気になるパソコンの寿命年数について

パソコン(以下PC)が今よりもはるかに高価だった時代、15年とか20年ほど昔になるでしょうか、その頃のPCの普及期では寿命へ関心は非常に高いものだったと思います。しかし、その当時も現在も耐久年数という意味での寿命は、あまり変わっていないのではと思います。なぜなら、各部品の性能は飛躍的に向上しましたが、PCを構成する部品に消耗部品も相変わらず多くあるからです。ハード的な寿命は7~8年くらいでしょうか。

しかし、他の電化製品等と違ってPCには別の要因によって古くなって(時代遅れになって)使えないという面があります。それは、技術革新が速くPCがすぐに陳腐化すること、また同時にメーカの都合もあります。例えば、今年4月のWindows Xpのサポート終了によりPCが爆発的に売れたようにです。ハードメーカも同じように新製品を開発し、作り続けないと生き残れない事情もあります。

さて、私は最近、Windows8のPCに換えました。弊社製の“オリジナルPC”ですが、そういえば、直近ではVista、7、そして8とWindowsが発売される度に、PCを乗り換えているのです。仕事柄、常に最新のWindowsに触れて慣れている必要があるからです。幸いにPCが壊れて交換ということありませんでした。壊れる前に新しいWindowsが発売され続けてきたからです。その意味では、PCの寿命は、4~5年と言ってよいかもしれません。

一般的には、長時間の使用や、使用環境(特に、高温や埃)によっては、寿命が短くなります。消耗部品の代表格がハードディスク(以下HDD)であり、PCの寿命を決めている最大の要因とも言えそうです。残念ながら今も昔もどんどん壊れてくれます。皮肉なことですが、我々修理業としての稼ぎ頭なのです。HDDの交換やデータ復旧の需要も多いのです。

寿命には他の見方もできます。かなり完成されてきた感のあるPCの世界ですので、今後は使用期間という意味での寿命は延びるかもしれません。小型のノートPC、タブレットPCなどの製品がとても壊れにくくなってきているのです。記憶装置としてはもはやHDDではなく、より壊れにくい半導体方式のSSDなどが使われているからです。

逆にPCを使用する年数が短くなることも考えられます。PCが安価になってきて、故障内容によっては修理よりも新品を購入する方が賢いことも出てくるからです。しかし、私は交換して直るなら修理し、長くPCを使っていきたい派です。私事ですが、明日身体のある老化したパーツを交換してきます。短時間で終わる手術だそうです。なんかPCの修理っぽい話だなあと、妙に自分で感心しています。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆