月刊新松戸2015年2月号 第199回 今、WindowsのタブレットPCが熱い!

今テレビで「これさえあれば、何もいらない。」と盛んに宣伝されているのがマイクロソフト社のパソコン(以下、PC)です。今後のPCの向かうべき姿を示したともいえるモデルで、タブレット型のPCです。最初は、そこまで言うか、と思いましたが、その性能や機能、製品の流れを見てみるとまんざらでもないことが分かってきました。

言うまでもなくPCはハード・ソフトの最先端技術の結集ですが、目立たない話かもしれませんが、内部から出る発熱問題とずっと格闘してきた歴史もあります。ノートPCが当初デスクトップPCより劣っていたのは、ボディが小さいがゆえに熱をうまく逃がせなかったからです。それが今や最大の発熱源である高速CPUを搭載しても冷却ファンのない情報端末ができたのです。それがiPadに代表されるタブレットです。それがついにWindows搭載のタブレットPCにまで到達したのです。

40年近くその黎明期からPCに関わってきた私には感慨深いのです。最初の頃のPCは各社各様で、国産のNECの98シリーズは、今でいう携帯のガラケーのように世界から取り残されていきましたが、その後1984年にIBM社が発売したPC/AT互換機から始まったDOS/V、そしてのちにWindowsPCとなりますが、その基本的な構造(アーキテクチャ)の流れが延々と引き継がれているわけで、最初大きな段ボール箱大だったものが徐々に小さくなり、そしてノートPCになり、それがさらに年々小型軽量化になり、ついにSFもどきのタブレットになったということです。性能は比較にならないほど良くなって、しかも小型化されでもやはり30年前と同じWindowsPCなのです。歴史の目撃者ですね。

最初のタブレットはアップル社のiPadで有名になりましたが、同じメーカのMac(マッキントッシュ)とは互換性がないということもあり、普通はPCとは呼ばれません。また、スマートホン(スマホ)と同じAndroid(アンドロイド)という基本ソフトを使ったタブレットもWindowsPCとは別の道を歩んでいます。ところが、この2年程その様子は少し変わってきました。デスクトップPCやノートPCと全く同じソフトが動いて、同じ周辺機器(マウス、キーボードなど)が使えるPCが手に乗ったのです。それがタブレットPCです。正真正銘の立派なパソコン、PCです。つまりWindowsPCです。

私の情報端末も日常的に使うデスクトップPC、出先で使うノートPCとiPadに、今回のWindowsタブレットが加わりました。携行する端末はスマホ(iPhone)ですが、次は腕時計型のウェアラブル端末でしょうか。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆