月刊新松戸2015年10月号 第207回 最近のパソコン修理・トラブルのサポート状況

7月末に新しいOS(基本ソフト)であるWindows10が提供開始されましたが、このアップグレードとは別に、そろそろWindows10搭載の新品パソコンも少しずつ販売開始されてきましたね。いつも新しいバージョンが出ると多少のトラブルなどがあるものですが、今回はまだあまりないようです。当店のトラブルサポート件数でもまだ数えるくらいです。このことは多くのユーザにとって喜ばしいことなのですが、当方パソコン修理業としては少々複雑な思いもあります。

さて、現在の修理やトラブルサポート状況ですが、依然としてハードディスクの劣化による故障は多いです。パソコンが立ち上がらない、あるいは動作が非常に遅くなったなどの原因は様々あるのですが、多くの場合は、ハードディスクです。交換作業やデータコピーや救出などは日常的な作業となっています。

また、ネットに繋がらなくなったというトラブルでの出張も相変わらず少なくないです。お客様の基本的なことへの知識不足で起きるトラブルもあるのです。例えば、ホームページとメールの関係とか、ホームページの最初に表示される画面とプロバイダーの関係とか、携帯電話のLTEなどの通信と公衆無線LANと自宅のWi-Fiの違いとか、です。本当に最低限の知識がなかったために思いもよらぬ間違いをする方がいるのです。

例えば、部屋の模様替えをして配線をやり直した際に、適当に入るところにケーブルを挿したところネットに繋がらなくなったというのは論外ですが、さらにこれは非常に危険でもあるのですが、電源アダプターはどれも同じだから適当に入るところに繋いだ、というのには仰天しました。たまたま壊れなかったので幸いでしたが、機器が壊れるかもしれませんし、火災の原因にもなりかねないので絶対にやらないように。

ネットでは、詐欺ソフトと呼ばれる迷惑ソフトも減りません。不安を煽るような画面を出して不正なソフトをインストールさせてから料金を請求する手口です。ウイルス感染する経緯と似通っていますが、とにかく怪しいサイトには近づかない事、むやみにネットの情報を信用しない事が肝心なのです。

これは修理ではないのですが、パソコンを買い替えた時に、住所録やWord/Excelなどのデータやメールなどの新しいパソコンへの移行、それとネットやプリンターの接続を移すサービスは良く行っています。ただ、お客様のパソコンの性能とデータ量によって作業時間が長くなることもあるのでご了承ください。

マニュアルをじっくりよく読むことと、トラブルになっても慌てず落ち着いて対応することが、解決への第一歩なのですが・・・。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆