月刊新松戸2015年11月号 第208回 新松戸のパソコンサポートからのお願い

  1. Windows10のアップグレードについて
    このコラムでも書いていますが、7月末に新しいOS(基本ソフト)であるWindows10が提供開始され、Windows7やWindows8/8.1の画面には時々、いや、かなり頻繁にWindows10へのアップグレードのお知らせが表示されていると思います。当店ではもちろんWindows10のサポートも行いますが、ただ、お持ちのパソコンをすぐにWindows10にするのは止めておきましょう。ほとんどの方にとっては、やっても当面のメリットは少ないですし、それ以上に問題となるのは、10にすることによってうまく動かないソフトが出てきたり、様々な細かい不具合を起こすことです。ですので、余程パソコンに精通してない限り、アップグレードするのは控えてください。
  2. マイナンバーの取り扱いについて
    この号が配布される頃には、そろそろ皆さんマイナンバーの通知カードを手に入れていることでしょうが、これには様々な課題があるようです。私は、この面の専門家ではないので詳しいことはコメントできませんが、どうもこの番号漏えいにはかなり神経を使わないといけないようです。つまり、最大級のセキュリティーが求められているということです。これからの日本でマイナンバーが本当に将来どう活用されていくのか、それは少々あいまいナンバーですが、社員やスタッフからそれを預かる事業者(経営者や担当者)、税理士さんや社労士さんはこれから大変です。マイナンバーの漏えいなどについて懲役刑などかなり重い罰則があるのです。その意味でも、パソコンのセキュリティーの知識は今後絶対に必要となってきます。くれぐれも普段使っている電子メールには、マイナンバーを記載しないようにしてください。暗号化されていない電子メールなどのネット上に流れるデータはいとも簡単に見ることができるからです。また、マイナンバーを記入したスタッフ一覧表のExcelやWordのファイルをパソコンに保存しても、その保管管理が厳重であることが求められてきます。また、USBメモリーなどに入れて持ち運ぶのは言語道断でしょう。落としたりすると大変な罪になります。他人の目に簡単に晒されるような保管は禁止です。
  3. パソコン修理と指導は、Pハウスへ!
    最後は、恐縮ながら当店からのお願いです。修理がメインですが、データの移行や救出、新品・中古パソコンの販売や引き取り、ソフトやWeb制作など様々な業務も行っています。パソコンPハウスが開店して14年目になりますが、その間、皆さまのたくさんのパソコンのお世話をさせていただいております。今度ともご愛顧の程、よろしくお願いします。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆