月刊新松戸2015年12月号 第209回 安心して下さい、パソコン用語は難しいですよ。

パソコンを習いたいが、まず言葉が分からない、とおっしゃる初心者の方は少なくないです。難しいと感じるパソコン用語には二つの面があると思うのですが、元々専門用語だからということの他に、意味は実は簡単なのにも拘わらず、英語またはカタカナ英語だから、ということもあるでしょう。

まず、専門用語ですが、私も大変に難しいと思うのです。特に、ネットワーク、データベース、さらにセキュリティに関する用語などは、相当深く勉強しないと身に付かないものです。しかし、皆さん、安心して下さい、私もわかっていませんよ。いや、本当に(笑)。私はパソコン関連のすべてに精通しているわけではありません。ただ、少しばかり経験があるので、大まかな全体的なことは把握している訳です。言うまでもなくパソコンは世界中の先端技術の粋を集めたものですから、難しいに決まっています。分からなくて当然ですね。ただ、知っておくべきことはそれ程多くはないので、基礎知識と基本的な操作技術を是非習得して下さい。お手伝いします。

次に、もうひとつの難しいと思う原因ですが、画面に表示される細かい英語や馴染みのないカタカナ英語です。パソコンは、主に米国で開発され進化してきたものですから、開発元は英語であることが多いです。結果的にエラー表示も英語表示されることがあります。それを目にするともうお手上げ、と思ってしまう方がいますが、実は警告やエラーの表示などは意外と簡単な英語なのです。平易な文章ですので、辞書で調べながらでも是非頑張って読んでトラブルに対応して下さい。

さらに、カタカナ英語がより難しくしているのかもしれません。普段あまり使われない英語の類ですが、例えば、Account(アカウント)やProperty(プロパティ)は日本語になりにくいのですが、それぞれ”ユーザ名”、”属性”でよいかと思います。Install(インストール)は”設置”のことですが、インストロールではありません。また。Delete(デリート)は”削除”でよいと思うのですが、ディレートと言う方は多いです。Browser(ブラウザ) はブラウズする(拾い読みする)もの、Provider(プロバイダ)は、提供(プロバイド)するものです。

パソコン用語には、少しずつ慣れるしかありません。わからなかったら、恥かしがらずに周りに聞くか、当店に問い合わせて下さい。 師走です。パソコンも大掃除しましょう。年に一度くらいは、吸気口の埃を除去して下さい。そして「安心して下さい、掃いてますよ!」と言えるくらいに床もきれいにしましょう。ウイルスなども常に駆除して、とにかく明るい安心できる新年を迎えましょう!

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆