月刊新松戸2017年8月号 第229回 こんなフェイク・ニュースなら、あってもいい!?

家族や友人とのたわいないウソやエイプリルフールの類もあれば、米国やフランスであった大統領戦の際に大きな注目を集めた「フェイク(偽)ニュース」もあります。前者は、身近な数人が対象ですが、後者はSNSなどによって瞬く間に全世界にまで広がりますから今、非常に深刻な問題となっています。ネット社会でメディアなどの操作により世の中が大きく動いてしまうこともあるからです。誹謗中傷も含め真実ではない捏造されたニュース映像を見せられる我々はどうすればよいのでしょうか。それと、誰でも編集ソフトで簡単にフェイク画像や動画を作れますし・・・。
さて、これらの重い話題とは別に、ここで身近なパソコンについての明るいニュースを紹介したいと思います。

「全世界のパソコンユーザに朗報! 現在のWindowsは10ですが、次期バージョン(仮名Windows Z)で完結することがマイクロソフト社より発表されました。機能追加や改善とは別に、発売後に不具合が見つかった場合には、人工知能(AI)を用いた先端技術で、ソフト自身が自動的に修正するという仕組みです。従来の自動プログラミングにAIの手法を取り入れたこの革新的なテクノロジーは、今後順次、Windows以外のあらゆるソフトに応用される見込みであり、ソフト製作者や多くのプログラマーが費やしてきた膨大な時間と多大な苦役から開放されるものです。また、この技術により、多くのユーザが今まで日々悩まされ続けてきたソフトのトラブルからも解放されるわけです。コンピュータの世界での大革新ということが、さらにありがたいことに、ソフト全般の今後のアップデートはずっと永久に無料となるということです。」

これは大変にうれしい話ですね。もちろん、これはフェイク・ニュースなのですが、しかし、いつの日にか必ず実現できるような気がします。なぜなら今まで、あったらいいな、できたらいいなと考えられてきた物や機能は大体実現できてきていると思うからです。

しかし、ちょっと待ってください! もしもこれがフェイクでなくなった時には、我々のパソコン修理が廃業の危機となるのでしょうか? 確かに修理全体の6割以上はソフトのトラブルなので、それらが消滅してしまっては困ることになります。でも、私は悲観はしていません。なぜなら、電気パーツはいつかは壊れますし、中には5,6年の消耗品もあるからです。そして、パソコン初心者、さらにはデジタル製品全般にうまく付いていけない人たちへの指導サポートがあるからです。ということで、当店のビジネスは、ここしばらくは安泰ではないでしょうか。たぶん(^^;)