月刊新松戸2007年5月号 第106回 ホームページ作成で大切なこと

弊社では、「パソコン修理」の他に「ホームページ作成」も業務のひとつです。「パソコン相談」(コンサルティングやシステム設計・設置)も含めて総合的に業務を行っています。パソコン修理についての苦労話やおもしろい話などと同様にホームページ作成でもたくさんご紹介したいことがあります。

ホームページ作成がワープロのように普通の人までに普及してまだ10年くらいなのですが、ホームページは見かけ上も機能的にも、また社会的な役割でもあらゆる面でずいぶんと進化してきました。ホームページはインターネット上での技術の進歩と共にある最も利用価値の高い利用技術です。Blog、Web2.0など多くの新しい利用形態が生まれています。

さて、ホームページ作成を行っている会社(依頼主から言うと業者)はたくさんあるわけです。地元の業者を探す場合には、例えばYahooで「ホームページ作成 松戸」で検索しますね。これを書いている時点では、弊社は、最初のページの上位に2箇所に掲載されています。

まず、スポンサーサイトの3番目くらいに「Pハウス(ホームページ部門) 簡単なホームページから多機能なサイトまでお客様のご要望に合わせますwww.sohc.co.jp」があります。これはWEB広告と呼ばれるもので、別名クリック広告でもあります。即ち、広告費を払って掲載しているものです。

もうひとつ、これもたぶん2、3番目に掲載されていますが、「パソコン修理とトラブル相談 ホームページ作成とSEO対策は 松戸市 創クリエーション… 千葉県松戸市を拠点に、パソコン修理、出張サポート、トラブル解決、データ復元、ウィルス駆除、ホームページ作成、Webコンサルティングなど…」と表示されます。

掲載される順位は、日々変動しますがどうすれば1ページ目のそれも上の方に掲載されるかがネット上のビジネスを行ううえで目下最大の関心事なのです。多額な投資をして立派なホームページを作成しても誰も見てくれなければ意味がありませんね。黙っていてもYahooなどの検索サイトの上位には掲載されないのです。さまざまなホームページの工夫と日々の努力が必要になるのですが、このことをSEO対策と言います。

ホームページ作成業者は、たくさんあります。なぜならどんな業種からも参入できるからです。(デザイン会社、印刷会社、パソコン教室、ソフト会社など)見栄えのよいホームページ、カッコイイ動きをするホームページ、デザインのすばらしいホームページ、信頼性・安心感のあるホームページ、見ていて楽しくなるようなホームページ・・・。

弊社のホームページ作成は、見栄えのアートデザインよりも、SEO対策も含めたトータル・サポートを自慢としています。パソコンやWebを通して皆様のビジネスをサポートしていきます。多くの人に見てもらえるホームページ作成を目指しています。残念ながら、売り上げアップを保証することはできないのですが(^_^;)

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆

月刊新松戸2005年3月号 第82回 ホームページを作ったら次にすること

「あなたは、ホームレスですか?」Homelessとは、自分のホームページを持たない人々のことを意味することがあります。それくらい個人でホームページ(以下HP)を持つことが普通のこととなっていますね。ちょっとした名刺代わりに使う場合もありますが、自分の趣味を広めたいとか、まして何か公開したり主張することを持っている方なら是非HPを作りましょうよ、とアドバイスしています。

一方、会社やお店でHPを持つことは今や広告媒体、またネットショッピングとして重要な位置を占めています。特に、若者たちは、商品やお店などをネットで検索することが当たり前なのですから。HP(Webサイトともいう)を公開する意味は、今さら説明するまでもないことですが、作った後の重要なテーマが最近は叫ばれています。それが、以下に説明するSEO対策やWebでのコンサルティングです。

これは、よくある問い合わせの例です。

  • HPを作って公開したのですが、どうやったら多くの人に見てもらえるか、などHPの活用法に悩んでいます。
  • HPで商品の宣伝をしたいのですがYahooやGoogle等の検索サイトに登録しても上位に表示されないのでなかなか効果がでません。
  • 毎月の広告宣伝費がバカにならないので、安価で費用対効果の高い広告宣伝したいです。

などですが、様々なHPでのお悩みを地域密着の創クリエーションが解決いたします!

  1. アクセス解析 弊社サーバー内の解析ソフトにより、毎月のアクセス解析結果を報告し、翌月のページ閲覧数のアップにつながるようにします。解析は、時間別、1日毎、1ヶ月毎のアクセス数の推移、検索ワード、リンク元集計など多数あります。
  2. SEO対策 (検索エンジン最適化) 検索エンジンにキーワードを入力したら上位にHPが表示されるようにするために、HPに様々な工夫(仕掛け)をしたり、時にはHPのデザインやレイアウトを修正したりします。
  3. SEM対策 (検索エンジンマーケティング) 販売アイテムの分析・競合サイトの分析・販売形態の適正アドバイスなど、売れ筋の商品の調査やライバル店の動向調査など他店と差別化を図るための調査と報告をします。

パソコンの“Face To Face”なトータル・サポートを推進する創クリエーションは、HP制作からメンテナンス(ページの更新)、HPの運営管理も同時に行っておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。また、HP作成ソフトのご指導も行っております。 なお、詳細については、Webコンサルティングでご覧になれます。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆

月刊新松戸2001年4月号 第37回 ホームページの開設と維持にかかる費用

「ホームページ(以下、HP)を作りたいのですが、いくらかかりますか?」について、安易に回答することは避けなければなりません。以前、ここで次のように書きました。“HPは家造りと同じ考え方で結構です。プレハブか豪邸なのか、また、建て売りか注文住宅なのかでも全く金額が違います。”と。

結局、質問している者がHPをどのように見ているか、どのくらいインターネットに精通しているかによって回答は慎重にならざるを得ないのです。数年前までは個人レベルでのHP作成は相当に敷居が高かったのですが、すぐれた作成ソフトの登場とインターネット情報の浸透によりかなり身近なものとなりました。実際にパソコンの初心者でもどんどんHPを公開できる時代になりました。このように標準的なHPを作ることの費用は格段に安くなったのです。

同時に、HPの普及はHP作成業者にとっては旨みのないものになりつつあるのです。しかしながら、このように誰にでも作ることのできるHPなのですが、プロの出番もまだまだ残されている訳です。印刷物の代わりにインターネット上で表示できるページという捉え方も正しいのですが、一方、HPをそれ以上のもの、コンピュータソフトと捉えることも大切なのです。

皆さん、ブラウザソフト(HP閲覧ソフト)はご存知ですね。HPを見るために必要なソフトなのですが、それを数あるソフトの中の一つと考えることは非常に狭い間違った見方です。WindowsやMacOSなどをシステムソフトとかオペレーティングシステムと呼びますが、実はそれに次ぐパソコンにとって重要な要素となっているのです。単純化して言うと、パソコンというハードがあって、Windowsソフトが縁の下で動いていて、その土台の上でInternetExplorerが動作し、さらに他の(すべての)ソフトがその上で動く、という図式なのです。こう書くと、まるでマイクロソフト社の戦略解説となってしまいそうですが、実際、最近発売されるソフトのいくつかは、常時インターネット接続していることを前提としているようにもなってきています。

HPには広報や広告チラシを電子化してインターネット上に載せる機能だけではなく、HPという窓を通してその先には無限の可能性があるのです。HPをソフト技術として捉え、双方向性、データベース機能などいわゆるIT技術として活用しましょう。開設時にかかる経費もそれによって大きく違ってきます。

維持費についてですが、HPの保管料(必要なら、レンタルサーバ代、ドメイン名取得料など)がありますが、人件費に較べれば非常に少ない金額だと思います。どれくらいの時間をかけてHPのメンテをするかで維持費は変わってきます。HPは更新しないと意味がない!のですから常に最新の生きた情報を公開する必要があります。HP開設は外部委託したとしても、その後の内容の見直しや更新は当事者が行うべきだと思います。そうしないと魅力あるHPはできないでしょう。

以上のようにHP作成と維持には、その量と質(内容や機能)でピンからキリまでなのです。ですから、一般的な金額の即答は困難で「すべて個別の回答になるでしょう」というのがソフト業界からの見方、考え方でしょう。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆

月刊新松戸2000年2月号 第23回 ホームページ作成はホームビルダー

記念すべき今年のお正月はどう過ごされたでしょうか。よく言われることですが、美味しいものを食べるとか、映画を見たりどこかに旅行に行くといった時、“誰と一緒?”というのがやはり一番肝心なことでしょう。

私はというと今年はホームページ(以下、HPと略します)作りでした。依頼主からは遅い遅い(2つの意味がありますが)と言われながらでしたが、いろいろな意味で大変なページを作ってしまいました。 日頃から、「HP作りは簡単ですよ。ワープロを打って文書を作るのと同じ感覚でできます。」と皆さんにはお答えしています。しかし、一方「HPは頼むとどれくらいの費用でできるのですか?」という質問に対しての答えはとても慎重になります。

なぜなら、HPは家造りと同じ考え方、と思ってもらって良いのです。プレハブ住宅なのか豪邸なのかで、金額のゼロの数が2つも3つも違ってきます。また、建て売りなのか注文住宅かでも全く見積りが違います。ある業者では、あらかじめ完成されているパターン(ひな形)に文字と多少の画像を当てはめる程度ですが、無料で作りますというサービスまであります。(普通、それの入会と引き換えが条件ですが) HP作りは、文字どおり家を造ることと同じ理屈なのです。実際に、建築会社のことを英語では、ホームビルダーと言います。I社製品の“ホームページビルダー”とはよく付けたものですね。

このようなHP作成支援ソフトを使うことによってHPは簡単にそして見栄えも美しく作ることができます。更新時の修正も手軽にできてしまいます。しかしながら、私自身は、そのような便利なソフトは使用せずに、エディター(ソフト開発に必要な機能が入っていてプログラマ必携の道具)で書いています。ソフト会社という妙なこだわりからそうしていますが、今回依頼されたHPは、CGI,SSIという一歩進んだ技法、機能も豊富に使っています。

皆さんが、皆さん自身のHPを作る時代になりました。HPは自己主張の場でもあります。また、Eメールを活用されている方は、従来のお知らせメールなどの一括送信の変わりに連絡用としてHPが使えます。 簡単なHPは、あくまで簡単に(本当に数時間で)作ってしまえますが、更に凝ったものや対話形式の掲示板のようなページも敷居はそう高くありませんので、挑戦しましょうでも、忘れてはならないのは、HPの内容とその運用です。HP作成はとりあえずの目的ではありますが、それをどう活用するのかは、あなたの斬新なアイデアです。大事なことは、冒頭でも言ったように、“人との触れ合い“だと思います。 尚、今回作成担当したHPは、本誌でもおなじみのザバランハウス(http://www.zabaran.co.jp)です。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆