月刊新松戸2016年12月号 第221回 パスワード忘れや紛失への対策

 パソコンの出張サポートで困惑することが時々あります。パソコンまたはモニターの電源が入らない原因が単にケーブルが外れていただけとか、無線LANがつながらなくなった原因がWi-FiのスイッチがOFFになっていた、または機内モードになっていただけとかです。このようなイージーミスの場合は、お互いに苦笑して終わってしまうのですが、実は本当に困ることは、パスワードがわからない、忘れたというケースです。何年も前に契約したインターネット接続やメールの設定用紙が見つからないとか、銀行やネットショップへの接続パスワードを失念してしまったなどです。その場でお客様サポートに電話して何とかなる場合もありますし、情報を郵送してもらい再出張になる場合もあるのです。
一般的には、パスワードを忘れた場合には、登録した時のメールアドレス宛にパスワード再設定のメールを送ってもらうことができます。しかし、プロバイダの変更などでメールアドレスが変わった場合には、もうその方法は使えません。料金を支払っているサービスならばサポートに連絡して結局は解決できるのですが、無料のサービスではそのようなことはまずできません。ご本人に必死になって思い出していただくしかないのです。
ネットなどで使う平均20数個と言われているID/パスワードを忘れてしまうと、我々もサポートに苦労することも多いのです。時にはギブアップせざるを得ないことも。
さて本題ですが、私も年齢的に忘れっぽくなってきました。各ネットサービスのID(ユーザ名、アカウント名も同じ意味です)とパスワードの一組を覚えるわけですが、特にネットショッピングをしているとすぐに100個程度は必要となってきます。その都度必ずメモ用紙に書き留めてはいたのですが、今回パソコンを新調したのを機に、私が考えるベストな整理方法をやってみました。それは、名刺大のカード用紙を購入し、その1枚1枚に一組のID/パスワードを書き込むのです。そして、いつもABC順に並べておくのです。ノートに書き留める方法では、あとですぐに探し出せなくなる恐れがありますね。
私はパソコンを絶対的には信用していません。いつデータが消失してしまうかわかりませんし、最新のデータが必ずしもバックアップされているわけではないからです。ID/パスワードの一覧をExcelで整理しておくのも決して悪くはないのですが、それは、金庫のダイヤル番号を控えた紙を金庫の中に保管しておくようなものだと思うのです。ID/パスワードは1枚ずつ小さなカードに書いて、安全な場所に保管することをお勧めします。
 パソコン Pハウスは あなたのよき パートナー、略してPPAPですので覚えておいてくださいね。

月刊新松戸2016年9月号 第218回 ポケモンNo!と大きな声で言えない後ろめたい私

7月に発売され今話題のスマホ向けゲームであるポケモンGOですが、いろいろと考えさせられることがあります。
私のようにやっていない者から見ると、どうしてそんなに?と訳が分からないというのが正直なところです。実は、私のiPhoneには入っているのですが、数匹のポケモンを捕獲したところで中断しています。それはあくまでも情報収集のためですが、私もつくづく歳を取ったなと思います。だから、ノケモンです。そして、数百種類いるというポケモン自体を知らないので興味が湧かないのです。架空の生物ポケモンの中で唯一分かるのがピカチュウだけというのは寂しいですね。もしも収集の対象がポケモンではなくて、沢山の昆虫(特にカブト虫)やBeatlesの曲目だったら私もきっとハマったと思うのですが・・・。
さて、ポケモンGOにご執心の方々には申し訳ないのですが、それはとても楽しいのでしょうけど、貴重な人生の一定の時間をそんなこと(ゴメンナサイ)で潰してよいのですか、と問いたくもなるのです。ポケモンGOに限らず、その他のスマホのゲーム、ゲーム専用機やパソコンのゲーム。ゲームを離れて、パチンコ、パチスロ、競輪、競馬などのギャンブル・・・。その他、タバコ、アルコール、薬物、買い物、盗癖などなど依存する対象は様々です。のめり込む程度によっては、それらは依存症と呼ばれ社会的な問題にもなっていますね。経済的に破綻し健康をも害する人が少なくないのですから、家族内で、また社会全体で解決すべき大きな課題でしょう。
さて、さて、かく言うこの私はというと、他人の事をとやかく言う資格がないかもしれません。ゲームは昔からあまり嗜みませんが、FacebookやYouTube、さらにその他の動画サイトの閲覧で夜更かししたり、休日には一日中見ていることもあったりするのです。そんな日は自己嫌悪に陥りますが、そうなるとほぼパソコン中毒です。私の生計はパソコン依存ですが、生活ではパソコン依存症、というのでは全く笑えませんね。
よく新聞に折り込みされる全日遊連のチラシにはこう書かれています。「パチンコは適度に楽しむ遊びです」「のめり込みに注意しましょう」と。大切な時間をデジタル機器だけに費やすことだけはやめましょう。私も止めます。運動不足で肩こりや腰痛になってマッサージに通うことにもなりますしね。息子よ、パチンコとタバコはほどほどに!
蛇足になりますが、パソコンに関するトラブルやご相談、また些細な質問でも結構ですので、スマホを見ながら歩き回ることなく、真っ直ぐ当店にパソコンGOしてください。

月刊新松戸2014年8月号 第193回 ちゃんと理解しないと誤解をまねくIT用語など

3回前の号に、IT用語(名詞)について面白おかしく書きましたが、今回は言い回し(動詞)についてです。

  • [焼いてください]
    今のコピー機が世に出るまでは“青焼き”というのがあって、コピーしたいものを複写機に差し入れましたね。笑い話ですが、新人社員に「これ焼いておいて」と言って書類を渡したら、本当に焼却炉に持って行って焼いてしまったとか(笑)。現在では、CD-RやDVD-Rなどにデータや音楽・映像を書き込みすることを焼く(Burn)と言います。
  • [スパゲッティーになっている]
    ソフトウェアのプログラミングで、構造化されていなくて、どこからどうプログラムが進んでいくのかが全くグチャグチャでわからない状態を言います。頭の中で考えがまとまらなくてこんがらがっている時も、この言い回しを使うといいかもしれません。
  • [落として使う]
    Web上にあるファイルをダウンロードし、データならそのまま使うし、ソフトならインストールして使うことを意味します。「それ落として使うんだよ」って最初に聞いた時にはドキッとしますよね。
  • [ググる]
    ネット検索をすることを、Google(グーグル)にちなんで、”グーグルする”となり、それを短縮した言葉ですね。昔の理科系の方なら良く使っていると思うのですが、ネグる(ネグレクトする=省略する)という語感に似ていますね。
  • [コピペする]
    ご存知、コピー&ペーストのことですが、日本語版Windows流だと、コピー&貼り付けとなります(?)。それにしても、世の中、論文や報告書などで学生や社会人を問わずやらかすので、大きな問題となっていますね。単純なコピペは色々な意味で絶対にいけませんよ! 因みに、加トちゃんペは正しいですが、スカイペは間違いです(笑) Skype(スカイプ)ですから。
  • [後で送っておくよ!]
    ハガキ、手紙、そしてFAXなどは今では特別な場合を除いてほとんど使わなれなくなりましたし、デジタルが普及した後でも、データはフロッピーやディスクなどに保存して郵送などしていました。しかし、今ではほとんどすべてがデジタルデータとしてネットを介して送れるようになったので、送るよと言えばモノを送る場合を除いて、メールかファイル転送ということになります。郵便受けは玄関にはなく、パソコンの中にある訳ですね。

最後に、これは番外編ですが、私の好きなIT格言(?)です。 「男性の恋は”名前を付けて保存”、女性の恋は”上書き保存”」

おあとがよろしいようで(笑)

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆

月刊新松戸2013年4月号 第177回 ハード関連ビジネスからソフト関連へシフト

大仰な今回のタイトルは、我が国が今後進むべき道だとも言われていますが、当店の生き残る道にも関係しているようです。デジタル技術やインターネットの進歩による社会システムの急激な変化で多くの問題が多方面で生まれていますが、当店にも小さいながら悩みがあります。それは、パソコンの性能、品質が向上し故障しにくくなってくることで、パソコン修理業として成り立たなくなってくるかもしれないからです。今現在は、まだ消耗部品も多く、特にハードディスクは寿命で壊れるので一定の修理需要はあるのですが、それも次第に減少傾向にはあるようです。ですから、車に車検があるように、パソコンにもセキュリティー検査をパスしなければ使用禁止というような“パソ検”なる制度を国が導入してくれればなあ、と思ったりもします。それは冗談としても、壊れにくい上に、さらに修理できない構造や小型化、部品構成になりつつあるのです。超薄型タイプだと、外ケースを開けるだけでひと汗かきますし、同時に壊れやすいので冷汗も出ます。また、やっと開けられても見慣れた標準パーツが減ってきていますのでお手上げのこともあります。

さて、部品の故障やウイルス感染などによる修理以外でもパソコンのトラブルは多いわけです。セットアップできない、ネットにつながらないなどのトラブル、ソフトの使用方法がわからないなどのトラブルなど数えきれません。タブレットにシェアを奪われつつあるパソコンですが、我々の商売は長い目で見てソフトへ移行しなければならないのは明らかです。かつてテレビ・ラジオの修理業が半導体の集積回路によってあっというまに消滅したように、パソコンの修理業も10年後くらいには激減しているかと思われるのです。

ただ、我々の行っているパソコン関連のビジネスとしては、トラブル解決、ソフトの指導、有効利用のアドバイス、それとソフト作成などが今後の使命となるのでしょう。お客様からの要望には様々なものがありますがそれらに十分に応えていこうと考えています、逆に、街の商店主さんからのソフトの需要を掘り起こすという難しいテーマもあるのです。

パソコンは計算機として誕生し発展してきました。しかし、今や計算したり判断したり、工場で物を動かしたり制御したり、データを管理するためだけではなくなっています。スマホ、タブレットも含めて、パソコンに近いデジタル製品全般を広い意味でサポートしていくビジネスがこれから重要です。ですので、現在の「パソコンPハウス」は、何年後かには「デジタルDハウス」に店名変更しているかもしれませんね。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆

月刊新松戸2012年10月号 第171回 デジタルライフでスマイルライフ(^^♪

先月号のタイトルからモバイルをスマイルへ安直に置き換えてみました(^^ゞ モバイル機器(携帯情報端末)を持ち歩くことは今や日常的ですが、さらにケータイとノートパソコンの時代からスマホとタブレットPCの時代へ変遷してきていますね。デジタルライフは、そういう機器を便利に使いこなして生活(仕事も)していることですが、必ずしもアナログ生活の対極にあるものではないでしょう。私だって、たまには南の島でのんびりしたいです。ただ、きっとそこのビーチでもメールやネット閲覧ができるのでしょうけど…。

さて、“自分はアナログ人間ですから”、という会話をよく耳にしますが、パソコンなどを使わない(使いこなせない)人間だという自分を卑下する、または自虐的な使われ方がされています。一方、デジタル人間は、人間の温かみや味わいが失われた、論理的で融通の利かない冷たいイメージでしたから、逆に誇りを持ってのアナログ人間だぞ!という気持ちも含まれているのかもしれませんね。

ところで、ネットが十分に普及するまでは、多くの人は汗をかき仕事をしていました。今や汗のひとつもかかずに、ネット接続されたパソコンさえあれば生活に必要な収入が得られ、ネットショップを使えばほぼすべてが自室にいて事足り、例外的に外出するのは、ATMで現金を引き出す時くらい、というが現実にあることなのです。ネットを使ってのビジネスで大成功することが多くの若者の夢かもしれませんが、果たしでそれが本来の人間としての喜びや幸せなのかどうかは私にはわかりません。また、ネットでの株取引や宝くじで大儲けした時はどんな笑みなのでしょう…。

最後に、最近のモバイル端末の購入時には皆さん、次の2種類の悩みがあるようです。

  • スマホとケータイのどっち?
    どちらも電話が使えますが、出来ることは相当違います。極端に言うと、FacebookやTwitterなどを楽しむためには、スマホが必要で、反対にどちらもやらず、さらにゲームもやらず、もっぱらメールだけという人はケータイで十分なわけです。スマホは、LINEなどのアプリを使えば電話代が無料になります。
  • タブレットPCとノートPCのどっち?
    外出時に何をしたいかによりますが、大雑把に言って、初心者にとってはこの2つに出来ることの差はあまりありません。逆に共通点がとても多いのですし、タブレットPCがより安く、軽く、手軽に使えるので、お勧めしたい年配者は身近にも多いです。

いずれにせよ、モバイルでスマイル(^^♪になれるかどうかは、それを使いこなすあなた次第ってことですね。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆

月刊新松戸2012年9月号 第170回 私のデジタルライフ~モバイルライフ

タイトルの中のデジタルは今やごく普通ですが、モバイルの方はそうでもないでしょうか。モバイル(mobile;発音はモービルやモウブルが近い)」とは移動性・携帯性・機動性などを意味しますが、小型・軽量化、高性能化された情報通信機器や情報端末を形容する言葉です。確かに昔から携帯できる機器はいくつもあったのですが、今思い出すとどれも満足に使えなかったですね。そして、近年のネット技術の進歩、機器の小型化、ソフトの発達、それとバッテリーの飛躍的な性能向上などが相まって高性能携帯やスマートフォン(以下、スマホ)やタブレットPCなどが生まれた訳です。

実は今、この原稿は暑い夏休み中の事務所を飛び出し、冷房の効いた喫茶店で書いています。インターネットはあらゆる場所で使えるので、デスクワークなど仕事の内容によっては、どこででも仕事が可能なわけです。使用している端末はiPadです。スマホで長い原稿を書くというのはキーが小さいので実用的ではありませんし、可搬性やバッテリー保持時間を考慮すると、モバイル用の小型ノートPCかタブレットPCとなりますね。

もう一つの関心事は、即ち毎月の通信費でしょう。各自が持っているモバイル端末の各々に一つずつについてネット接続通信会社と契約をする場合には、支払いはかなり高額になるでしょう。利用する場所や使用の頻度、目的によって、多くの選択肢がありますが、以下のことは知っておいて欲しいことです。

モバイルWi-Fiルータを入手し契約して、複数の端末を使うという方法もあるのですが、さらに安い合理的な手段があります。スマホはいつも携行している訳ですから、そのスマホ経由で、複数のWi-Fi端末を接続するという方法です。これを“テザリング機能”と呼ぶのですが、それが非常に重宝するのです。つまり、外に出るとテザリングでタブレットPCやノートPCに接続し、会社や自宅に戻ったらテザリングを切り、室内に据え置きのWi-Fiルータに接続する、ということです。ただ、非常に残念なことなのですが、国内で手に入るiPhoneはそのテザリング機能が無効にされていて使えなくなっていることです。

さて、多くの男性はケータイやスマホは、すでに身に付けるという感覚があるでしょうが、さらに腕時計型やGoogleや日本ではEPSONなどが開発中のメガネ型の端末が実用化されて行きそうです。そして、これは言葉では説明しにくいので是非動画で見て欲しいのですが、“いつでもどこででも、指や手でジェスチャーすれば希望する情報が目の前で得られる”という装置の実用化研究が進んでいるのです。SixthSenseで検索して下さい。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆