月刊新松戸2015年3月号 第200回 このパソコンライフ連載200回に際しての雑感

私が唯一自慢できるのがこのコラム連載かもしれません。1998年に執筆を始めてから17年近く経ったことになります。実はその前年から(21号まで続きましたが)、“月刊くりっく”という小冊子を自主作成して配布していました。病気もせず毎月欠かさず書いてきたことが自慢ですが、内容の良し悪しは別として、読者の方々に少しでもお役に立てる情報を、という思いで最新の話題を交えながら続けてきました。2002年夏には、パソコンPハウスを開き、ご愛顧いただいております。

さて、今までの執筆のバックナンバーは、当社Webサイトに掲載していますが、大体次のようなことを書いて来ていたようです。

  • WindowsのOSについてのコメント
    新しいWindows(OSが98,XP,Vista,7,そして最新の8)が出るたびに、”あなたはWindowsXXをすぐに買いますか?”というタイトルで書いてきました。大体、3,4年おきになるのですが、その都度、OSが変わったからと言って、確かに高機能にはなるが、パソコンが素晴らしく高性能になるのではないということを説明し、冷静に対応すべきだと書いてきました。
  • Word/Excelなどのワンポイントレッスン
    特定のメーカやソフトについて極力書きたくないのですが、定番のOfficeソフトについては少し触れてきました。特に、ExcelやAccessの重要性については、とてもこの誌面では説明しきれないのが残念です。どのようにデータを整理してどう活用するかを解説しソフトで実現していくかは面白いテーマです。
  • 話題のウイルスやマルウェア、ワンクリック詐欺などに対応やアドバイス
    しつこいほどの注意喚起が大事なことですが、これだけネットが普及するともう、手に負えない部分もあるようです。しかし、ネットなしにはあり得ない日々ですから、決してあきらめずに十分な対策と心構えが肝心です。
  • やはり、何と言われようが当店の宣伝
    さり気なくこのPハウスを紹介することも多かったのですが、特に強調してきたことは、こんな便利なお店がこの街にあるのですよ、ということです。困った時に何でも気軽に相談できる駆込み寺のように利用してください。
  • PCの基礎知識と使用上のマナー
    やはり断然多く繰り返し書いてきたテーマは、本当に知っておかなければいけない基本的な事項です。パソコンは便利な反面、常に危険と隣り合わせであることを忘れてはならないことです。セキュリティー対策と日々のバックアップは、ユーザの基本マナーですね。

最近では、肩の力を抜いて書けるようになりました。自分の周りで起きていることを感じたまま素直に語りかけるだけですから。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆

月刊新松戸2011年5月号 第154回 情報メディアの料金や停電についてのあれこれ

よく受ける相談ですが、「プロバイダーはどこがいいですか?安い方がいいですけど。」とか「これからの時代、テレビはどうすればいいのですか。一番安く見る方法は?」などです。毎月発生する料金のことなので、携帯の電話代と同様に切実な問題でしょう。

プロバイダーは、実に数多くの選択肢があって、また、東電の電気代など光熱費と違って各社は互いに競合していますので、プロバイダーの料金はどんどん安くなっていく訳です。従って、今日現在一番安いからと言って来月はどうなっているかはわかりません。さらにキャンペーンやキャッシュバックなどもあったりするので料金だけを取っても単純な比較は本当に難しいのです。

テレビの場合は、選択肢として、ケーブルTV、フレッツTV、それと自分でアンテナを立てて受信するTVの3つということになるでしょうか。前者の2つにはインターネット接続、IP電話などの付加サービスがあり割引きもあるので、こちらも単純な料金比較は難しいです。また、機能的に長所短所があるわけですから、各お宅の条件にあったTV接続を方法を選択することになるでしょう。

余談になりますが、地デジについてのウンチクです。地デジ(UHF)アンテナが必要ですが、それでは千葉テレビが見られなくなるのです。アナログ放送では、アンテナの方向が少しくらい違っていても画面が荒くなりますが何とか見られました。しかし地デジ放送では、ほとんどのTV局の送信所は東京タワーなので(新松戸からはスカイツリーもほぼ同一の方角で)南西です。一方、千葉テレビの送信所は船橋(東南の方角)なので、アンテナは2本立てないといけないかもしれないのです。

情報メディアとして、携帯ラジオも見直されつつあります。先月の震災直後から私は非常持ち出しバッグの中には、ラジオと多量の電池も入っています。ラジオは遠くの電波も拾いますから貴重なのです。しかも無料です。

携帯電話については、計画停電の3時間程度は各中継局も電源バックアップされているので継続して使用可能のようです。ただ、SkypeやFaceTimeなどのネットを介しての通話は、今回の大震災時では通常の携帯電話のより遥かに繋がりやすかったという話ですし、実際に当時私もSkypeは重宝しました。

停電時には、地元のコアラネットも含めプロバイダーは使用不能となるようです。いくら自前の発電機を備えて電源を確保したとしても、プロバイダーや中継局が停電したのでは、インターネットは使用できなくなるのです。その意味では、WiMAXなどのモバイル接続サービスがこれからは重宝しそうなのです。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆

月刊新松戸2011年4月号 第153回 不要なもの=地震、津波、原発、”ウソの”情報

まずは、この度の東北地方の地震により被災されました方々に、心よりお見舞い申し上げます。

さて、タイトルの4つの言葉ですが、今はすべてが重いですね。そして単語の後ろにはさらに“怖いもの”と付けたいですが、情報だけは、とりあえずは“必要”なものでしょう。しかし、偽りの情報はもちろん要りません。 情報については、メディアの問題、広報の問題、伝搬の問題など様々あります。今回は考えさせられることが多いです。テレビでの東電、保安院、そして政府の各会見などは、その発表方法も問題ありですが、情報の内容や発表者の頼りない口調や表情からは明らかに重大な何かを隠ぺいしていることがうかがえました。世界に恥もさらした訳です。

さて、今では自治体も活用しているツイッターですが、【拡散希望】という言葉などを先頭につけて情報を一気に広めることもできます。またリツイートという引用したつぶやきの機能もあります。これはチェーンメール(昔の不幸の手紙)と似ているかもしれません。デマを広めて社会を不穏にする悪意のツイートもあるでしょうが、勘違いや思い込みもまた一気に爆発的に広まる可能性があります。間違った情報ほど、不安に乗じて速く伝わるものですし、著名人の書き込みは一気に広まるので要注意です。火力発電所爆発時の雨の話、ヨード液を飲む話などがありましたが、すぐに打ち消されました。最初の情報発信者のちょっとした不注意もあるわけです。

地震、津波、原発は、もうまっぴらですが、情報も時には要らないかもしれません。準備には考えるための情報が必要ですが、本番になったら情報よりも大事なことがあるように思います。それは本能とか運とかいうものかもしれません。今回のような大災害や悲劇的事故が始まってしまえば、我々は受け取った情報をどう活用するかが大切になってくるということです。自らの頭で考えて行動することですが、そこには時には過剰な情報が邪魔になるかもしれません。

予報された津波の高さが5mということでゆっくりと避難していたら、実際には10m以上あって流されてしまった悲劇もあったとか。逆に、情報に疎い人はとにかく一目散に高台に登って行って助かったとか…。

「お上の発表することだけを信じろ」という意見と、「お上は真実を隠蔽しているから盲目的に信用するな」という意見の対立は必ずいつも最後まで残るようです。どちらを信用するか、それは個人個人が判断しなければならないことです。このことを“情報リテラシー”というらしいですが、情報活用能力を意味します。情報を確認、吟味し、自分のモノにする、そういう能力が今後はいっそう求められるようになるのではないでしょうか。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆

月刊新松戸2010年5月号 第142回 パソコン、携帯などの電磁波による健康被害

パソコン、携帯、ゲーム機などデジタル製品からは高周波が発生し人体や精密機器にさまざまな影響を及ぼしているということはよく知られています。しかし、実際どのくらいの影響なのかは実感が持てないし、科学的にも被害の調査自体が難しいのでこの問題の重大性の把握も困難なようです。

唐突ですが、私には二人の子供がいて女、男という順で授かりました。長女が産まれる頃の私はソフト制作の仕事をしていて、長男の頃はハードの開発管理が担当でした。統計によるとソフト従事者の子供には女の子が産まれる傾向があるという記事を読んだことがあります。そして、その原因はパソコンからの電磁波かもしれないとも。実際、私が当時いたソフト開発部の同僚の子供のほとんどがなんと女の子だったのです。

「電磁波」について調べると、波長によって様々に分類されているのですが、どうも低周波やマイクロ波がくせ者のようです。X線やガンマ線に関しては、年間許容被曝量について法律で厳しく規制がありますが、その他の微弱な電磁波についてはあまり厳しい規制はないようです。携帯電話や無線機器などのマイクロ波は、各国で独自に規定値が定められているのですが、その数値はまちまちです。この程度なら当面問題ないからたぶん安全だろう、という数値なのかもしれません。

「電磁波は危険だからパソコンを使っての長時間仕事はやめましょう!」と言われても、それを職業としている私などには無理なことですし、携帯電話を耳に当てる(大切な頭脳に近付ける)行為は、電子レンジでチンするくらい危険なので長時間の携帯使用は控えましょう、というのも同じくらい不可能なことです。また、無線や携帯電話の中継基地局からのマイクロ波は強力なので、いまその設置ルールを定めた条例もできつつあります。民の意見や学校関連施設を考慮せよというものです。

最近は低周波の健康への影響問題も盛んに取り上げられています。高圧送電線の下に住んでいる人々が疲労感やめまい、吐き気、精神不安定を訴える事例もあるようです。送電線などから発生する低周波磁場には、ガソリンエンジンの排ガスと同じレベルの発ガン性がある可能性があるという報告もあります。

マイクロ波などの電磁波を遮断するには、導電性の金網などの遮蔽物ですっぽり覆われた内部空間に入る必要がある─らしいのですが、そんな安全な寝室で毎晩眠りたい! ただ、携帯電話は使えない…。かく言う私は、今まさにパソコンからの電磁波を一杯に浴びながらこの原稿を書いているわけです。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆

月刊新松戸2010年3月号 第140回 お笑い芸人ナイツにみるコンピュータ問題(?)

「家のパソコソで、昨日ヤホーで調べてみました」で始まり、言い間違い(勘違い)の笑いを取る騎士道ナイツは人気者ですね。多少の知識を折り込みながらダジャレを畳み掛けるナイツの芸風には絶賛です。

さて、冒頭の“パソコソ”は日本語の読み違い、そしてヤホーは英語の読み違いですが…。確かにソとンは文字が小さいと違いに気が付きにくいですが、特に、モニター上での小さい文字だとなおさらです。さらに、パ行とバ行が大問題です。インターネットの接続業者は、“プロバイダー“が正しいのですが多くの人が”ブロバイダー“だと勘違い!です。

Yahoo、Adobeは読みを教えてもらわないと結構ヤホー、アドべと読んでしまいます。これは外国語なので仕方がないですが、仕方がなくないのが濁音であるバ行と半濁音であるパ行の文字だと思うのです。パとバの違いは文字が小さいと本当にイライラします。印刷物の場合よりも、モニター上の文字は読みにくい場合が多いですね。実際にこの近所の建物の名前ですが、ボッカビルが正しいのに私はずっとポッカビルだと思っていたのです。地図上の文字はいつも小さいからです。コーヒーにそんな名前がありますしね。昔、父親に言われたことがあります。“好きなんだって? ピートルズのボール?”って(-_-;)

皆さんは”パソコン”をよく知っていますから、極小文字で“バソコソ”と書かれていても絶対にパソコン以外には間違えません。パソコン以外に類似語はないことを知っているからですね。ベソジョソソソは、ベンジョンソンだということを知っているし、ロサンジェルスを“くちサンジェルス“とは決して読みませんね。

パとバを読み違えるような問題の原因はコンピュータの技術的な背景からも来ているとも思います。30数年前になりますが、国語教育上よろしくない!ということで、先進的にドット数(文字を点で表していた)の多いフォントを使用したシステムを使った話とか、液晶パネル専用のフォントを開発したとかいろいろな経緯もあったようです。(現在は、文字はドットではなく滑らかな曲線で表わされますのでその問題はありません)

現在の問題は、画面の表示上の分解能力が不足してボケることがあることです。これは高精度に表示できる低価格モニターの普及で改善されていくことになるのですが、どうしても見えにくい場合には、自分で設定を変えて表示を拡大させるしかないのです!

ナイツの勘違いネタは、結構モニター表示の問題から来ているのもあると思ったのです。“ブログ”は今でこそ間違える人は少ないですが、以前はよく“プログ”と耳にしましたからね。画面上のパ行とバ行の小さい文字を読み違えて笑われないように、ご注意を(笑)

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆

月刊新松戸2009年1月号 第126回 ひ孫の世代に残す保存メディアとは?

昨今の記録メディアの種類は実に多いですし選択に迷うこともあります。それぞれに優劣があるので適材適所で使えばよいのでしょうが、気になるのがその期待される保存期間です。ハードディスクは容量が大きくて申し分ないのですが、“5,6年で壊れる消耗品”なので長期保存には向きません。その他の保存メディアがずっと長く残ってくれるか、大切なデータが孫やひ孫に残せることができるかは気になるところです。

我々はすでに何度も苦い経験をしてきましたね。8mmテープやVHSテープなどしかり、今では再生装置も少なくなり、時代が変わるごとに旬の新しいメディアに変換してきました。フロッピーはもはや保存用から脱落したことは誰でも知っています。

あらゆるデータがデジタル化されコンピュータで容易に処理できるようになったことで保存方法は飛躍的に進歩し拡大したわけです。CD-RからDVD-RにさらにBlu-rayへ。聞くところによると、CD-Rの寿命は100年もたないとか。品質の悪いものは数年とも・・・。磁気を使った保存メディアは劣化することで寿命となりますが、半導体で作られたUSBメモリーやメモリーカードとて半永久なのか疑問です。つまり今度は読み取り装置(カードリーダ)や接続のインターフェースはずっと残ってくれるかという心配です。

手元にある古いメディアもだんだんと使用不能になってきます。数十年でも大変なことですが、100年後まで残そうと思うとさらに大変なテーマとなります。学術的なデータや企業データなどの保存方法は社会的な大テーマでしょう。劣化せずにしかも後世に残せる方法の研究(ホログラムなど)は続いているのでしょうが、個人レベルでも自分の生き様や趣味を写真や動画やデジタル書類で残したいと思いますよね?

末代まで自分の生きた証を残す一番の方法は、YouTubeなど確かな“無料”サービスサイトに動画としてアップすることでしょうか。有料のサービスやレンタルサーバは会費や更新料を収めなくなったら終わりです。それにしても、ネット上のデータの保証はどうなっているのでしょうか。有料ユーザはそれなりにメンテナンスされるのでしょうが、無料の方のハードディスクは壊れたらほったらかしなのでしょうか・・・。

将来的にわたって現在のハードやソフトウェアを維持することは非常に困難、と考え始めるとだんだんと憂鬱になってきます。コンピュータが発明されてから100年もたっていないのに、今から100年後までのデータ保存のことなんて我々には想像できませんよね。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆