月刊新松戸2013年10月号 第183回 私はエンジニア、だからExcel(エクセル)が大好き

パソコンが好き、と言っても、それは人によって千差万別ですね。私の場合は、何と言ってもExcelです。エンジニア出身だからでしょうか。いや、Excelは実に便利だし、また奥深く面白いからなのです。そして、私が声を大にして言いたいのは、大げさでなく人類の宝であるExcelは、折角だからExcelらしく使いましょう!ということなのです。

私は、昔少々生意気だった頃にはこう豪語していました。「Excelは。最低でもVLOOKUP(ブイルックアップ)関数を知っていないといけないし、集計の為のビポットテーブルを知らないなんてなんともったいない」と。(VLOOKUP関数は、表の中のデータを参照する関数で、例えば名簿リストで会員名から電話番号を探すような時などに使えます)

今は違います。その人なりにExcelを使えばよいのですよ、と。最初から枠どりがされていて使いやすいExcelをワープロ代わりに使っている人については、複数ページの文書だと印刷が大変ですね、と言うくらいです。

ただ、他人の作ったExcelを見たりすると、やはり“何ともったいない”などと思うことが多いのです。もう少しこうすれば、非常に効率的に処理できるし入力間違いもなくなるだろうに、と思ってしまいます。極端な場合、知らない人が丸一日とか数日かかる処理が、魔法のようにほんの数分で済むこともあるからです。Excelをうまく使ってさっさと仕事を片付けちゃいましょうよ!ということです。

Excelは表計算ソフトと呼ばれるくらいですので、簡単な計算式は使いこなしたいものです。例えば、足し算だと、A列の数値とB列の数値をC列に合計したものを入れる場合には、c1のセルには、= A1 + B1 と計算式を入力します。四則演算である、+-*/の他に、各種関数がこれでもか位に揃っています。

意外と知られていないのが文字の足し算(連結)です。例えば、A列の文字とB列の文字をC列に連結したものを入れる場合には、c1のセルには、= A1 & B1 と計算式を入力します。名字と名前が別々のセルに入っている場合に使えます。A1に”鈴木”、B1に”一郎”が入っていると、C1は、「鈴木一郎」と表示されます。さらに、C1に、= A1 & ” ” & B1 & ” 様” を入力すると、表示は、「鈴木 一郎 様」となります。計算式はコピーできますので、数千人いても処理はあっという間です。

ExcelやAccessのようなデータ処理ソフトは奥が深いです。もし、少しでも仕事を効率的に行いたいならば、少なくともExcelの便利さを知っておいて損はないと思うのです。当パソコンPハウスでは、そのお手伝いやアドバイスをさせていただいております。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆

月刊新松戸2009年11月号 第136回 ソフトは何人くらいで作ってるの?

ソフトに限らず工業製品などの新製品を創作する際の制作現場では、大まかに言うと、仕様作成、前処理(テストモデル作成など)、本作業、後処理(総合チェックなど)という工程があるでしょう。そのすべての作業に関わる延べの人数は、もちろん製品の特性や会社の仕組みよってずいぶんと異なると思いますが、いつの場合も膨大なものです。

”そのソフトは何人くらいで作るの?”と問いかけがあったとして、上で書いた背景もあるので様々に答えられるし、ちょうど、「大阪城を作ったのは誰?」「大工さん!」と問答と似ているかもしれません。しかし、ほとんどの場合は、もしかしたら”一人”じゃないでしょうか?ちょうど、「秀吉が作った」、というのと同じようにです。

余談かもしれませんが、自分は知った時に仰天したのですが、それは“WordやExcelはひとりの天才プログラマー、チャールズ・シモニー氏が作った”という記事でした。本当は、数人~数十人の同僚や助手スタッフがいたのでしょうが、とにかくこの歴史に残るような偉大なソフトを作ったのが彼なのです。彼は大富豪になり大邸宅に住み、さらに“世界で初めて宇宙旅行を2回経験した人物”としても有名になっています。確かに、作らせたのはビルゲーツ率いるマイクロソフト社だったのですが、実際に作者として名を残したのは、シモニー氏ひとりということです。

ツクルには、作る、造る、創る、など意味が微妙に異なる言葉があり、どれを使うか悩む時があります。ソフト制作(ホームページ作成も含む)に関しては、次のことが言えそうです。”どんなソフトでも大体は一人で作る”

ここで言う“作る”とは資金を出す会社のことでもなく、実作業でたくさんのプログラミングをしたり、画面デザインやイラスト制作やチェックをする多くの作業者や関係者を含んでいません。作るとは、アイデアを考案し、それを文書化し(仕様書を作成し)、ソフトを完成させ、出荷するまで最後まですべてを見ている人のことです。受託ソフト、受託業務ソフトについては、作り込む量が多くなるので分業体制になるのですが、それでもやはり一人ないしは数人の、超人的なSE(システムエンジニア)とプログラマーがいてこそ完成するものです。ホームページも同じような事情ですが、決して人数が多ければよいというものではありません。作業の効率化としては、工程によっては分担することが不可能な場合もありますし、逆に分業することによって全体の作業が遅くなることも多々あることなのです。

ノーベル賞もそうですが、偉大な発見、発明をする人、斬新なモノを考えたり創造する人はいつもだいたいは一人なのですね。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆

月刊新松戸2009年6月号 第131回 ExcelとAccessの違いと使い分け

エクセル(Excel)は知っていても、アクセス(Access)は知らないという人は多いです。パソコンを買うと通常Excelは入っていますが、Accessは別途購入しなければならないからでしょう。しかしAccessは、もしかしたら(主に会社業務においてでしょうが)あなたに必要不可欠なソフトかもしれません。

市販の業務用ソフトでは、自社の業務にぴったり当てはまらないことがあります。そんな場合はソフト会社に依頼してソフトを開発してもらうことになりますが、実はソフト会社は、Accessを使って、あなたの会社にちょうどいいソフトを作成することが多いのです。ゼロから作るよりAccessという土台があれば、少ない労力=安く作ることができるからです。その意味でAccessは、ソフトを作るための開発支援システムともいえます。

Excelは表計算ソフト、Accessはデータベースソフト(以下DBソフト)と呼ばれますが、この二つは互いに密接な関係にあります。

話が少し外れますが、ワープロソフトWordとプレゼンソフトPowerPoint、ホームページ作成ソフトはどれも、文章や文字を書いて修飾し、写真やイラストなどを配置して見栄えをよくするソフトという点で同じ仲間だと言えます。違うのは、最終目的がそれぞれ、プリンタへの印字、プロジェクターへの投影、ホームページへの表示、であることです。

さて、ではExcelとAccessは何かというと、どちらもデータを扱うソフトだということです。ExcelはDBソフトとは呼ばれませんが、実際には多量のデータを処理するソフトとして十分活用できます。直感的に分かりやすいソフトなので、データを扱わずにワープロの代わりに使う人もいるくらいです。

AccessはExcelより少し入り口が難解で、Excelのような簡便さはありませんが、実はかなり重要なソフトです。多量かつ複雑に入り組んだ複数のデータの集まりを瞬時に処理し、望み通りの結果を出してくれるのがDBソフトです。Excelは主に単一のデータを扱うのが得意で、入力したデータを見えるそのままで印字することができ、視覚的で分かりやすいのですが、Accessは入力部分(フォーム)と出力部分(レポート)とデータの蓄積する部分(テーブルなど)を最初から分離して作成します。Excelでも慣れてくると同じようにそれぞれを分離して作成することができますが、Accessは構造的にそうなっていて、論理的で後の変更などが非常に容易になるのです。

Excelを使うとかなり苦労するようなシステムが、Accessでは意外に簡単にできる場合も多いのです。DBを操作するコンピュータ命令を習得しなくても、Accessではマウスを操作するだけでDBシステムを作成できるようなところが“面白い”のです。パソコンをコンピュータらしく感じられるのがExcelなら、さらに深めたものがAccessというわけです。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆

月刊新松戸2006年11月号 第100回 少しだけ難しい(?)エクセルのお話し

まずは、連載100回目ということで一区切りです。まだまだ続きますから応援のメールもお待ちしています。今回は、先月号の続きです。

  1. だいぶ前ですが、Excelの開発者のインタビュー番組を見ました。あんなすごいソフトなので間違いなく延べ数百人以上のソフトエンジニアが協力したであろうことが想像されるのですが、信じられないことに、開発者として名前が登場したのはチャールズ・シモニー彼ひとりでした。それも彼の豪邸の居間で優雅な生活が垣間見られたのです。
  2. Excelに代表される表計算ソフトが世の中に果たした役割のひとつに、計測・制御向け専門ソフトの変貌があります。表計算ソフトが世の中で認知される以前の同上ソフトは、データ収集(生データの収集)+データ処理+帳票印字という構成でしたが、現在はデータの集計、解析や分析、グラフ作成、そして印字までもがExcelの守備範囲となっていて、専門ソフトはデータを収集することが主眼となっています。何しろExcelの方がずっと手ごろで使いやすいですし、おまけに品質もよく信頼性も高いからで、Excelの機能で十分すぎるのです。
  3. 他のソフトで作られたデータはCSVファイルに書き出すことで、Excelに読み込ませることが出来ますから、データ解析処理はExcelで決まりです。または、Excelのセル上に計測器からのデータを直接読み込ませることも可能です。日、週、月、期、年ごとのデータの蓄積と集計はお手の物です。
  4. Excelが不向きなのは定型の印刷物です。確かに差し込み印刷はマクロ機能を使えば出来るのですが、やはり、市販の宛名書きソフトには到底かないません。私は、住所録はExcelで管理していますが、DMや年賀状には、CSVファイル経由で筆XXに読み込ませ印刷します。WordやAccessで印刷することもあります。
  5. 以下のExcel用語で知らないものがあれば、是非当店Pハウスの門を叩いて下さい。あなたの仕事は一気に片付くかもしれませんし、皆さん、目からウロコだとおっしゃいますよ。
    • これを知らずしてExcelを知っていると言うな!といえる利用価値の高いVLOOKUP関数
    • 使い方によっては絶大な威力を発揮するオートフィルタ機能
    • ビボットテーブルによる簡便な集計機能
    • 条件付合計を行うSUMIF関数は、超便利!!
    • FIND,LEFT,MID,RIGHTなどの文字列操作関数と文字列連結の&記号
    • それこそ出来ないことは何もないといえるほど強力なマクロ機能(これは立派なソフトです)
  6. Excelは集計するために開発されたソフトでもあります。ですから、初心者用のテキストでもピボットテーブルについてひと言も触れていないと非常に腹が立ちます。それこそがExcelの最大の特徴の一つであるわけですから、省略するとは何事だ!という感じですよ。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆

月刊新松戸2006年10月号 第99回 全然難しくない(!)エクセルのお話し

今月と来月は、私の大好きなエクセル(Excel)についてのよもやま話をしたいと思います。

  1. Excel(エクセル)は、ご存知の通り米国のMicrosoft社の「表計算ソフト」です。しかし、あちらでは、「Spread Sheet;スプレッドシート」ソフトと呼びます。直訳としては“広げた、または広がる紙”です。計算という意味はありませんね。実際に、多くの方は計算機能を使わずに単にワープロの代わりとして使っているので、本当はこちらの呼び名がよいとは思います。私としては「表ソフト」と呼びたいですね。
  2. Excelってとても素敵な良い名前だと思います。Excelは動詞で、何々に勝るとか秀でるという意味ですし、Excellent(優秀な、卓越した)に通じます。また、さらに一つ一つの欄のことをセル(Cell)と呼びますが、Cellとは小室、細胞と言う意味ですので、“すぐれた小部屋”を私はいつも連想してしまいます。
  3. 時々質問されることなのですが、「ExcelってMac(マッキントッシュ)にもあるのですか」と。あの~、Excelは最初Macにしかなかったのですよ。私は当時の1-2-3よりも使いやすそうで(Mac版なので)、いいなぁと指をくわえて見ていたのです。今から何年も昔のことですがね。また、歳がバレました。
  4. 私の表計算ソフトとの歴史はというと、N-calc、Multiplanは少し触りましたが、やはり本格化したのは、DOS版のLotus1-2-3からです。1983年に私は訳あって日本で発売前の1-2-3から使う機会があったのですが、それ以来ずっと仕事には不可欠なものでした。思い出すのは、温度センサーの線形化と制御アルゴリズムのシミュレーションです。1-2-3の由来は、確か、表計算とデータベースとグラフ作成がワンツースリーでできる、という意味でしたね。
  5. その後、ExcelがWindowsに移植され、Excel5.0, 95, 97, 2000, 2002, 2003とバージョンアップを重ねてきました。今やパソコンにExcelが入っていないことは考えられないですね。たぶん人類史上で最大のかけがえのないソフトです、と言ったら大袈裟でしょうか。
  6. ひとつMicrosoft社に物申したいことがあります。Excelに限らずWordももう十分に完成していますから、バージョンアップして少しばかりの機能追加と操作性向上で、その度ごとに高いバージョンアップ代を要求していることについて再考を求めたいのです。(ソフト会社はそれで稼ぐ必要があるということは十分に承知していますけれども・・・) 実際のところExcelは、Excel2000で機能的には十分ですし、それ以降のExcelで作成したファイルはExcel97でも開くことが出来るのです。つまり、Excelは、実は約10年前の1997年にすでに完成の域に達していたのです! 冗談半分ですけれど、なんか詐欺にあっているような感じがしますよ。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆

月刊新松戸2002年3月号 第48回 Excelから始めるパソコン・ライフ

タイトルは「今日から始めるExcelライフ」でもよかったのですが、とにかく、Excelはほとんどのパソコンの中に最初から入っている訳ですから、こんな便利なものを使わない手はないということです。未使用の人やどう活用してよいかを習得していない初心者は非常にもったいない、と言えます。極端かもしれませんが「パソコンはExcelのためにある」と私は思うのです。

さて、実際に私が日々どのようにExcelを利用しているかのほんの一部ですが、以下にご紹介します。私事で少々恥ずかしい部分もあるのですが、参考になれば幸いです。

  • 住所録管理
    代表的な利用法ですが、整理し抽出や並び替えを自由に行っています。年賀状印刷だけでなく、電話番号は電話回線の番号表示ソフトとリンクさせて便利に使用しています。
  • 経理業務
    経理には絶大な威力を発揮します。10数年前には税務署もまだ感心してくれていましたが、今では当然で、逆にコンピュータ会計をしていない方が怪しいくらいですね。実際のところ、小規模な会社や商店では高価な会計ソフト購入しなくとも十分Excelで申告のための資料作成ができるでしょう。私は経費節減と税金の勉強のために自分でやっています。
  • 見積書、請求書などの作成
    合計計算をする典型的な用途です。私はやっていないのですが、個々の請求書を蓄積し管理するようにExcelを使っている人もいます。
  • 体重管理
    目標体重に向けての週単位の減量スケジュールをグラフ化しています。効果絶大で理想体重に近づきつつあります。やはり目標は視覚化するに限りますね。
  • 電話代の集計グラフ
    子供の携帯電話料金をグラフ表示にして警告しています。毎月のように減らない電話代に業を煮やしたお父さんには必需品です!
  • 予定表
    「パソコン相談室」の指導時間の予約や実績を管理しています。念のために紙のノートでも同様に行っているのですが、予約や変更に対して素早く対応できますし、回数券の残り回数の状況もすぐにわかります。
  • 会費管理
    売上金額や件数の把握とグラフ化は、体重管理と同じように目標と実績の対比を見るのに最適です。日々の仕事の励みになりますね。
  • カレンダーや電車の時刻表
    毎年、何部か印刷して親しい人にプレゼントしています。これらはホームページからダウンロードもできるようにしています。
  • CSVファイルの活用
    私が運営している「しんまつど★ドッとこむ」の多くの部分は、Excelで作られています。正確に言うと、Excelでデータを整理しそれをCSVファイルとしてアップロードし、CGIで表示や検索ができるようにしています。また、アクセスログはCSVファイルとして保存しているので、定期的にダウンロードしてExcelで分析しています。

バックナンバーの第39回と第40回に関連コラムがあります。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆