月刊新松戸1998年7月号 第4回 ファイルの拡張子は、Windowsには必要だった!

前回で解説したファイルとその入れ物であるフォルダーはパソコンを操作する上で最も基本的なことでした。それらに関連した話題として「ファイルの拡張子」も大切です。

Windowsパソコンには、その前の発展の経緯がある
一方Macintoshは最初からほとんど変っていないのですが
今のパソコンの少し前を振り返ると、MS-DOS(えむえすどす)というもの(基本ソフト)がありました。ソフトやデータの資産の継続使用を可能とする為に、その当時のファイル管理システムの考え方がWindowsに引き継がれているのです。そのために、初心者にとっては少々厄介なことになってしまっていると言えます。

拡張子とは、ファイル名の最後につくものであり、むやみに変更してはいけない。
ファイルの拡張子とは、ファイル名の後半部分(正確には、ピリオド以下の通常3または4文字)です。新品のパソコンでは、最初ファイルの拡張子が表示されない設定になっていますが、「表示する」に変更されることを強くお勧めします。表示のオプションで変更できます。

ファイルの拡張子が、そのファイルの性質を決定している。
普通パソコンを買ってくると沢山のソフトが入っています。また、新しいソフトをパソコンに入れると(インストールすると言います)この時点でファイルの拡張子が、あるソフトに関連付けられることになっています。データファイルをダブル・クリックするとそれを作ったソフトが起動されると共に、そのデータが読み込まれる仕組みがこの拡張子にあります。

拡張子を見るとそのファイルが何かがわかる
Windowsの規約で拡張子が決まっているのは、実はほとんどないのですが、覚えておきたいのが、exeという拡張子です。これはプログラムファイル(平たく言うと、ソフトのこと)を表わします。それ以外のほとんどは、誰が決めたわけでもなく(ソフト会社が勝手に決めただけ)様々なものがあります。例えば、xlsが表計算ソフトのExcel のファイルだとか、jtdが一太郎Ver8のファイルであるとかです。広まったものの勝ち(早いもの勝ち)という感じで慣習化してきているのです。

Macintoshには、拡張子というものがない
マックはファイルの性質を決定している情報を、そのファイル自身の中に持っています。Macintoshが使いやすいと言われる理由のひとつが、この辺にあるのでしょう。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆

月刊新松戸1998年6月号 第3回 パソコンはファイルとフォルダから出来ている!

ここ新松戸において「パソコン相談室」を開設し約2年経ちますが、そこでの問い合わせや質問の多いものを中心にこれから紹介していきたいと思います。最近では、インターネットへの接続トラブルとメールソフトの使い方等の質問が多いのですが、初心者からの質問の中で、特徴的なものがファイルに関するものです。これは、最も基本的で重要なことなのですが、雑誌や解説本などであまり熱心に説明されることが少ないことが原因なのかもしれません。

パソコンは、ファイルの集まりである
パソコンには、ハードディスクやフロッピーディスク、CD-ROMなどがありますが、これらの目的は、ファイルを格納するためにあります。取り敢えず、それ以外の目的はありません。ファイルにして保存しておかないとパソコンの電源を切ったときにすべて消えてしまうからです。ファイルには、実行可能なファイル(プログラムとかいわゆるソフトと呼ばれているもの)とそれらによって使用されたり作られたりするデータファイル(自分の作成したワープロ文書やイラスト、図など)に大きく分けられます。ソフトは、メモリーに読み込まれて初めて実行されます。ですから、実行ファイルはソフトの入れ物とも言えます。またデータファイルは、いつでも再度修正できるようにハードディスクなどに残す必要があるのです。作業は、メモリー上(机の上)で行い、ハードディスクなどにファイルとして保存します。

ファイルとフォルダの違い
ファイルは多くなってくると自分で整理する必要が出てきます。フォルダーはそのための整理箱もしくは、机の引き出しと言えるでしょう。フォルダはファイルと同じように自分でいくつでも自由に作れますから、そこからは、自分の整理術の世界です。整理された環境は作業の効率には欠かせないものです。フォルダは、ディレクトリーとも呼ばれますが、それは住所録の構成そのものです。ファイルが人であり、フォルダはその人の所属する地名です。ファイル名とは正式には、例えば、「C:エ千葉県エ松戸市エ新松戸エAさん」と言います。(フォルダの区切りに¥マークを使います。)同姓同名の人が小金原に住んでいるとその人は、「C:エ千葉県エ松戸市エ小金原エAさん」というようになるわけです。ハードディスクは、引き出しのたくさんあるキャビネットやサイドデスクに相当しますね。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆

月刊新松戸1998年5月号 第2回 誰も教えてくれない(?) パソコンの基本の基本

実質1回目となるこのパソコン・ライフのアドバイスですが、その導入として是非知っておいて欲しいことをお話ししたいと思います。

パソコンは、アメリカ生まれである。
パソコンを操作するということは、海外、特にアメリカの文化に触れるとも言えるでしょう。実際にキーボードのQWERTY配列や画面の表示を見ても英語やカタカナ英語がずいぶんと目に付きます。なぜなら、実際に生まれもそして育ちもアメリカであるからですが、このことを前提にしていないと、操作することが難しい場面もあります。簡単な英語を勉強するつもりでパソコンに向かう市政が必要でしょう。

ほとんどのソフトは、欧米人、特にアメリカ人が作成している。
この事実は我々日本人にとっては悲しいことかもしれませんが、実際困る場面として、英数字以外の文字入力を考慮していないソフトも結構あるということです。最近はずいぶんと改善されてきていますが、それにしても欧米人の思考にあった画面表示、画面展開、操作体系になっているということです。

パソコンは、れっきとしたコンピューであり、決して家電ではあり得ない。
車の運転の習得に例えられることの多いパソコンです。どちらもまず操作できること自体大切ですが、操作するものに根本的な違いがあります。つまりパソコンを習うということには知らなければいけない事項や言葉が非常に多いと言うことです。未完成なパソコンであるからとも言えますが、ちょっとしたことを知らないがために非常に苦労したり時間がかかったりする物です。残念ながら本腰を入れて勉強しなければならないものがパソコンということなのです。

ソフトには不具合(バグ;虫)がある。
初心者に多いのですが、自分の操作ミスでパソコンが変な動作をしたり動かなくなったりしたと後悔することがありますが、それは間違いです。操作のミスなどでおかしいことになる原因は、そのソフトにあるのです。あなたには全く責任がないということです。ソフトに致命的欠陥がないことが理想的なのですが・・・。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆

月刊新松戸1998年4月号 第1回 連載開始! 元気ですか? あなたの家のパソコン

今や、パソコンはとても便利な道具(ツール)として、私たちの回りの職場や仕事場、そして各家庭で広く使われるようになりました。すでに使いこなしている者にとってはなくてはならない超便利グッズなのですが、そうでない人には訳の分からない場所をとるTV?としか見られない存在でもあります。何れにせよ、パソコンはあなたの仕事や趣味を効率化するためにあり、その存在は益々重要になってきます。

”パソコンを習う”ということは、車の運転やピアノや英会話を習うのと同じ意味で道具の”操作方法”を覚えることから始まります。しかし、英語を通して外国の文化を知るとか、お茶お花を通して華道茶道の精神世界を体験するといったように、単にパソコンは手段であり、本当にやりたいことはその先にあるという風に考えてみたいものです。目的を持っている人、つまりパソコンで何をやりたいかが判っている人は上達も早いし必死に勉強もするわけです。

パソコンの守備範囲(できる内容)は非常に広く、まだまだ深くかつ拡大していきます。パソコンとつき合うことは、私たちの生活に必要不可欠となってきていますが、そのパソコンに使われている(遊ばれている)と感じるようでは、本末転倒ですね。自動化・省力化はパソコンの得意な分野です。どんどんパソコンに仕事をやらせましょう。やってもらいましょう。

ここでは、「パソコンは勉強するに値する文房具」としてとらえ、「ホーム・コンピュータとしてのパソコン」の情報と活用方法をアドバイスしていきたいと考えています。初心者を対象としたわかりやすい表現と内容で解説していくつもりですので、ご期待下さい。少しでも皆様のパソコン・ライフのお役に立てればと思っております。ご感想ご希望もお寄せ下さい。

尚、当社の「パソコン相談室」では、Windows、Macintosh を問わずあらゆるパソコンとソフトについてのご相談と指導を行っております。完全個人指導で、回数券、予約制ですし、近隣地区へは出張指導もあります。また、この連載と同様の主旨でパソコン情報誌、月刊「くりっく」を発行しております。希望者には無料配布しておりますので、お問い合わせ下さい。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆