月刊新松戸2011年9月号 第158回 タブレット端末(iPadなど)がノートパソコンになる!

少し誤解を招きそうなタイトルかもしれませんね。iPadがパソコンの代わりになる(場合がある)ということですが、私が思うに、それには2つの意味があるということです。

スマートフォン(スマホ)の販売は、携帯電話に迫る勢いですが、私はこのスマホには全く興味がありません。というのは1日の大半をパソコンの前で過ごすのと、スマホよりも画面が大きいiPadを持っているからです(実は、小さい画面は少々辛い歳になっていることもあるのですが)。さて、このような大型液晶画面を指で操作する製品をタブレット型情報端末とか、タブレット端末と呼びます。現在、AppleのiPad、各社から出ているAndroid端末、今後のWindow Mobile端末、このあたりがシェア争いをしています。

3年程前に出てきたネットブックは、魅力的ではありましたが、今一つ触手が動きませんでした。しかし、昨年iPadが登場した時には久々にトキメキ、見た瞬間にこれはすごい、絶対に欲しいと思い、手に入れました。

私は、このタブレット端末の可能性は非常に大きいと思います。ノートPCでできる大半のことがこのタブレット端末でできますし、ほとんどの方にとってはノートPCの代わりになるでしょう。ホームページを見たりメールをすることはもちろん、音楽を聴いたり、写真や動画を撮って整理、加工をしたり、友人家族とテレビ電話をしたり、たまには息抜きのゲームをしたり、それから、私はあまり興味がないのですが、電子書籍を目的とする人もいるようです。大量のファイルの整理、保存だって、無料のクラウドのサービスが使えます。だから、一部、パソコンの代わりになろうとしています。

iPadにワイヤレス・キーボードを接続するとちょうどノートPCになります。実際に組み合わせて一体化するセットがありノートPCかと見間違えます。(ただし、タッチパネルなのでマウスは使えませんが。)

さらに、すごいことは、外出時にノートPCを持ち歩く必要がなくなるかもしれないということです。それは、従来からあるリモート・デスクトップ機能(リモート制御)が、タブレット端末でも可能になったということです。ネットワーク経由で手元のパソコンや端末から離れたパソコンを遠隔操作できるのです。インターネット経由だと遠隔地から可能です。タブレット端末の中に、自分のPCがそのままあるのですから驚きです!

従来、会社や自宅に置くのは、大型モニターが使え拡張性にも優れたデスクトップPCで、持ち運びにはノートPCという考え方が普通でした。しかし、今後はそれにプラスして、据え置きは大型ノートPC、携行にはタブレット端末ということになるかもしれません。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆

月刊新松戸2010年7月号 第144回 パソコンって何種類あるの? たぶん3つです!

地球上には何百万もの種が存在しているそうですが、環境破壊により種の絶滅が加速度的に進行しているという事実は悲しいですね。

一方、パソコンの世界では次々と新製品が誕生しています。約2年前のネットブック(ノートより小型)誕生のときは、何か大きな流れが始まる予感がしました。そして今、技術の進歩(特に軽量化)と低価格化により、手軽にどこででも使えるモバイル化へと向かっています。

では、パソコンの種類は一体どれくらいあるのでしょう? あまり重要でない問いかけかもしれませんが、全体像を知るヒントになればと・・・。メーカごとの機種で数えるのは全く無意味だし、シリーズ名でも相当な数です。どんどん自然淘汰されていきますから、現存の種(しゅ)で数えるしかなさそうです。

10年ほど前まで、今では絶滅種となった日本の固有種が唯一残った時代がありました。それはNECの98(キュウハチ)です。当時はそのNEC98とDOS/V機(Windows)、Macの3つがあったので、ソフトも3種類必要でした。その後、約10年間、Windows(PC)とMacintosh(Mac)の2大勢力時代が続き、現在に至っています。他にLinuxパソコンもありますが、マニア向けのイメージが強く(実際はそうでもないのですが)、残念ながらあまり普及していません。

そして先日、そこにiPadという画期的な情報端末が加わりました。私見ですが、今までのスマートフォン(情報機器携帯)や超小型パソコンとは異なる、全くの新種だという気がします。iPadはデレビのCMなどでも目にしますが、小型軽量のタブレット型(板状)で、どこへでも持ち運べるコンピュータです。キーボードがなく、画面を指で触って操作するのが特徴です。従来でいうところのパソコンではありませんが、iPadでできることを列記すると、かなりの機能がパソコンの代わりになりそうです。パソコンはもう必要なくてこのiPadで十分という人もきっといるはずです。PC、Mac、そしてiPadの3種の時代がこれから来るような予感がします。アプリ(ソフト)の開発方法や流通方式も画期的すぎて(簡便で安価なので)恐ろしいくらいです。

最後に、もう一つの3種類も紹介しておきましょう。それはデスクトップ、ノート、そしてゲームパソコンです。普通のパソコンで動くゲームソフトとは違う高精度なゲームを楽しむためのパソコンで、ゲームマニア向けに超高速な(非常に高価な)グラフィックボードを搭載し、すべてが高速に動作するように組み上げられています。それがあれば、ゲームセンターのゲームマシンをも凌ぐ性能が自宅で楽しめるのです。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆