月刊新松戸2015年4月号 第201回 昔の行動は多様だったが、今は異様!?

今回は、気楽に読んで真剣に考えましょう。以下のカッコの中には、すべて同じ情景描写の文章が入ります。すぐわかりますね。

  1. 音楽を聴く
    昔:ステレオコンポにレコード、またはMDやCDをかけてソファに座って聴く
    今:(  )、YouTubeなどで音楽を検索してひとりで聴く(または見る)
  2. 映画を見る
    昔:みんなで映画館に行くか、ビデオを借りて来て自宅でテレビの前で家族一緒に見る
    今:(  )、映画専門サイトで映画を検索してひとりで見る
  3. 離れた家族や友人と話をする
    昔:固定電話や携帯で電話し会話を楽しむ
    今:(  )、SkypeやLINEなどでチャットするが、時にはカメラ付きで対話する
  4. ニュースを読む
    昔:毎朝、配達される新聞を取ってきて、居間でお茶を飲みながら読む
    今:(  )、刻々と更新されるニュースサイトで、しかも動画で閲覧する
  5. 海外に送金する
    昔:印鑑と身分証明書を持って銀行に行き、長い時間かかって送金手続きをする
    今:(  )、口座番号とパスワードなどの簡単な仕組みで、数回のクリックで送金する
  6. 旅行の予約をする
    昔:まず旅行代理店に行きパンフをもらって検討し、窓口で相談し予約する(発券あり)
    今:(  )、ネットで検索し、口コミを参考にして安い飛行機と宿を予約する(発券なし)
  7. 好きな人?とデートする
    昔:好きになった人にドキドキしながらデートに誘い、フラれるか楽しい時を過ごす
    今:(  )、二次元のキャラクターと一緒に楽しい時を過ごす(実際の話らしいです)
  8. スポーツ観戦や音楽ライブに行く
    昔: チケットを買って電車に乗って会場に着いて、みんなで一体感、臨場感を味わう
    今:(  )、リアルタイムの実況放送をひとりで楽しむ(有料のイベントもあります)
  9. 全国支店長会議などに出席する
    昔:本社に交通費をかけて出張し時には宿泊もし、全体会議を行う
    今:(  )、一堂に会して(?)、会議を行う
  10. 連載の執筆をする
    昔:原稿用紙を出して、お気に入りの鉛筆と消しゴムを使って書き上げ、FAXで送る
    今:(  )、コピー、貼り付け、削除の繰り返しで書き上げ、メールで送る

答えは、「パソコンの前に座って画面を見ながら」です。私は、一日の大半の時間がこの状態なので、メタボ体型になったのです。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆

月刊新松戸2014年8月号 第193回 ちゃんと理解しないと誤解をまねくIT用語など

3回前の号に、IT用語(名詞)について面白おかしく書きましたが、今回は言い回し(動詞)についてです。

  • [焼いてください]
    今のコピー機が世に出るまでは“青焼き”というのがあって、コピーしたいものを複写機に差し入れましたね。笑い話ですが、新人社員に「これ焼いておいて」と言って書類を渡したら、本当に焼却炉に持って行って焼いてしまったとか(笑)。現在では、CD-RやDVD-Rなどにデータや音楽・映像を書き込みすることを焼く(Burn)と言います。
  • [スパゲッティーになっている]
    ソフトウェアのプログラミングで、構造化されていなくて、どこからどうプログラムが進んでいくのかが全くグチャグチャでわからない状態を言います。頭の中で考えがまとまらなくてこんがらがっている時も、この言い回しを使うといいかもしれません。
  • [落として使う]
    Web上にあるファイルをダウンロードし、データならそのまま使うし、ソフトならインストールして使うことを意味します。「それ落として使うんだよ」って最初に聞いた時にはドキッとしますよね。
  • [ググる]
    ネット検索をすることを、Google(グーグル)にちなんで、”グーグルする”となり、それを短縮した言葉ですね。昔の理科系の方なら良く使っていると思うのですが、ネグる(ネグレクトする=省略する)という語感に似ていますね。
  • [コピペする]
    ご存知、コピー&ペーストのことですが、日本語版Windows流だと、コピー&貼り付けとなります(?)。それにしても、世の中、論文や報告書などで学生や社会人を問わずやらかすので、大きな問題となっていますね。単純なコピペは色々な意味で絶対にいけませんよ! 因みに、加トちゃんペは正しいですが、スカイペは間違いです(笑) Skype(スカイプ)ですから。
  • [後で送っておくよ!]
    ハガキ、手紙、そしてFAXなどは今では特別な場合を除いてほとんど使わなれなくなりましたし、デジタルが普及した後でも、データはフロッピーやディスクなどに保存して郵送などしていました。しかし、今ではほとんどすべてがデジタルデータとしてネットを介して送れるようになったので、送るよと言えばモノを送る場合を除いて、メールかファイル転送ということになります。郵便受けは玄関にはなく、パソコンの中にある訳ですね。

最後に、これは番外編ですが、私の好きなIT格言(?)です。 「男性の恋は”名前を付けて保存”、女性の恋は”上書き保存”」

おあとがよろしいようで(笑)

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆

月刊新松戸2014年6月号 第191回 ウソやダマしや誤解の多いこのネット社会への憂い

先日、PC遠隔操作事件の犯人が捕まり、すべて自分の犯行だと自供しました。弁護士も冤罪に過敏に反応したマスコミも含め、私もですが、多くの人が真犯人は別にいるのではと思っていたので、実に驚きの結末でした。

この手法とは異なるのですが、契約業者が顧客のPCを遠隔操作するということは、リモートサポートとして広まりつつあります。私も自宅PCを会社から操作していますが、とても便利ですし、液晶画面やキーボードが壊れたノートPCの有効利用もできるのです。

さて、ご存知のようにネット犯罪はすごい勢いで件数、被害額ともに増加しています。最近の銀行のなりすましによる不正送金は大きな問題となっています。ネット犯罪の種類も手法も多くとても紹介しきれるものではありませんが、ここで素朴な疑問ですが、あなたが今まで一度も危険な攻撃や不正な侵入などの被害にあっていないのは、パソコンにセキュリティーソフトが入っていて、いつも気を付けているからでしょうか? いや、幸運にもあなたのパソコンが標的にされなかっただけで、無作為にターゲットを探している犯罪者から、たまたま漏れただけと考えた方が良いのでしょうか。最近の話題で、有名セキュリティーソフト製作会社の幹部が、「アンチウイルスソフトはもう死んだ」と語ったそうです。記事を引用します。“現在のアンチウイルスソフトがウイルスなどの攻撃を検知できているのは全体の45%だけで、じつに55%の攻撃は検知されることなく素通りしている状況になっているとのこと。これは、ハッキングの手口が高度に巧妙化され、もはや従来型の手法に限界があることを自ら認めたことを明らかにするものです。”これが本当なら、このネット社会は相当やばいです。

あと怖いのは、ウソの画像や動画です。世の中は実に広く、知らない世界がたくさんあり、素晴らしい人やモノや場所や出来事を動画サイトを通して知る訳ですが、中には巧妙に加工されたものが含まれているのです。前後関係やコメントなどから作り物のウソとわかる場合はよいのですが、普通は素直にすべて信じてしまいそうです。画像や動画の加工は編集ソフトと技術があれば出来るのですから、本気でダマそうと思ったら容易かもしれません。STAP細胞論文の画像加工の件はよく判りませんが、何か背景に悪意や別の意図があればそれはよくないことでしょう。有名なところでは、9.11のWBCへの航空機突入、アポロ宇宙船の月面着陸、UFOや宇宙人の目撃、などについては画像や音声の解析が進んでおり物議をかもしています。ダマされない眼と知識、そして何が真実かを見極めたいものです。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆

月刊新松戸2014年5月号 第190回 パソコンが普及する前の時代のパソコン用語

パソコンの世界ではお馴染みの用語について、昔の意味と比べてみようと思います。

  • メモリー
    年齢とともに失われていくものです(笑)。私もメモリー不足で苦労する毎日です。不揮発性メモリーがたくさん欲しい!と言っても、使わなかったら同じですけどね。まだまだ空き容量が十分残っている人生だった…、ということで、今夜もカラオケで「愛のメモリー」を♪。
  • プログラム
    イベントやコンサートで配られたり、TVの番組表だったりしますが、今では、単にプログラムと言うとコンピュータ言語で書かれたもの、つまりソフトウェアとかアプリ(アプリケーションソフト)です。
  • キーボード
    これは、鍵盤楽器(ピアノなど)ですね。私は趣味でキーボードを少したしなみますが、コンピュータのキーボードに触れたのがだいぶ後でしたので、最初、キーを複数同時に叩いたりしました。それは冗談ですが、椅子に座って正しい姿勢で、両手で弾いて(叩いて)クリエイティブな音楽(仕事)をするというのは何か似てると思います。
  • ウェッブ
    文字通りはクモの巣ですが、Webは、いまやWWW(World Wide Web)の方が有名で、厳密にはやや意味が異なるのですが、ホームページということですね。
  • ウイルス
    昔は、風邪のウイルスとかのことだけでしたが、コンピュータのウイルスは今や世界中の関心事であり、どちらも恐ろしいものです。ウイルス対策なしには、パソコンは使えなくなりましたね。
  • シーディー
    銀行のキャッシュディスペンサーでした。現在は、ATMの方が知られていますが、音楽CDやデータCDのCDは、コンパクト・ディスクです。
  • オーエス
    昔、大阪にあった劇場です!?。私は幼少の頃大阪に住んでいましたので、OSというと、オーエス劇場を連想したりします。OSは、オペレーティング・システム(基本ソフト)ですが、パソコン用だと、 Windows8、MacOS、Linuxなどがあります。
  • ハードドライブ
    ハードな(辛い)長旅のドライブ(運転)。ハードディスクの方がよく聞かれますが、ドライブは、駆動装置を意味し、パソコンでは、記憶媒体を読み書きする装置のことです。CDドライブは、CDを聞きながらドライブすることではありません(笑)
  • ドラッグ
    余談になりますが、薬を意味するのはDrugで、マウスの操作を表すのはDrag(引っぱる)ですのでお間違えないように!

先月、サポートが終了したWindowsXPをお使いの方が、たくさん来店されています。8でなく、Windows7への乗り換えをお勧めしておりますので、お気軽にご来店ください。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆

月刊新松戸2013年11月号 第184回 パソコン修理店の現場からのレポート

わが“パソコンPハウス”の主たる業務はパソコン修理ですが、当店の現状をお伝えします。来客数や売上高については報告できかねますが、同業者の方にも少し参考になる話が含まれているかもしれません(笑)。

実は、当店はパソコン修理以外にも意外と広範囲に営業展開しています。間口、守備範囲は店名で想像されるよりもずいぶんと広いと思います。とは言っても、全てはパソコンを扱う範囲のことですが、パソコンの設置からトラブル解決、ソフトの指導、アドバイスなどあらゆるご要望にお応えしてきております。このビジネスを開始してから17年が経つのですが、当初のWindows95、98の時代からは修理内容はもちろん、お客様の要望や依頼内容はかなり様変わりしてきています。 6,7年くらい前までは、ソフトの指導が非常に多かったのですが、最近はそれが激減してきています。たぶん、ソフトの操作については職場や自宅で教えてくれる人が身近に増えたこと、また、ソフト自体もマニュアル(説明書)を読まなくても試行錯誤して何とかできるように進歩してきたからと言えます。

ただ、ネットワークがらみのトラブルついては初心者の方はやはり雲をつかむような世界のようです。確かに難しい技術もあり、IT業界の進歩により多くのネット用語も出てきてとてもついて行けないのが実情のようです。それを我々は少しずつ解きほぐして解決をしていくわけです。ネットに繋がらないとかメールができないというトラブルは、修理と言うよりもソフトや設定の問題であることが多いわけで、その他にも、新規に購入したパソコンの設置や初期設定などの依頼件数は、定常的に見込めるわけです。

さて、直すという意味での本来のパソコン修理については、消耗品のパーツが壊れたということで交換修理となります。ただ、家電修理とは違ってソフトが絡んできますし、またソフトだけの問題だったりもする訳です。ハードディスク交換ではお客様のデータを最優先で作業します。また、修理とは別の分野の作業内容となるのですが、喪失した、または壊れかけた記憶媒体からデータを救出するというサルベージ作業は、腕の見せ所ですし、今のところ少なからず需要があります。また、ウイルス、そして最近流行りの詐欺ソフトの駆除などについて、連日のように感染したパソコンが持ち込まれるのです。高額な修理見積りになってしまうケースでは、アドバイスして当店の新旧パソコンをご利用していただくこともあります。

最後に集客方法ですが、ネットでの検索とこの月刊新松戸で大半を占めています(^^♪

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆