月刊新松戸2012年10月号 第171回 デジタルライフでスマイルライフ(^^♪

先月号のタイトルからモバイルをスマイルへ安直に置き換えてみました(^^ゞ モバイル機器(携帯情報端末)を持ち歩くことは今や日常的ですが、さらにケータイとノートパソコンの時代からスマホとタブレットPCの時代へ変遷してきていますね。デジタルライフは、そういう機器を便利に使いこなして生活(仕事も)していることですが、必ずしもアナログ生活の対極にあるものではないでしょう。私だって、たまには南の島でのんびりしたいです。ただ、きっとそこのビーチでもメールやネット閲覧ができるのでしょうけど…。

さて、“自分はアナログ人間ですから”、という会話をよく耳にしますが、パソコンなどを使わない(使いこなせない)人間だという自分を卑下する、または自虐的な使われ方がされています。一方、デジタル人間は、人間の温かみや味わいが失われた、論理的で融通の利かない冷たいイメージでしたから、逆に誇りを持ってのアナログ人間だぞ!という気持ちも含まれているのかもしれませんね。

ところで、ネットが十分に普及するまでは、多くの人は汗をかき仕事をしていました。今や汗のひとつもかかずに、ネット接続されたパソコンさえあれば生活に必要な収入が得られ、ネットショップを使えばほぼすべてが自室にいて事足り、例外的に外出するのは、ATMで現金を引き出す時くらい、というが現実にあることなのです。ネットを使ってのビジネスで大成功することが多くの若者の夢かもしれませんが、果たしでそれが本来の人間としての喜びや幸せなのかどうかは私にはわかりません。また、ネットでの株取引や宝くじで大儲けした時はどんな笑みなのでしょう…。

最後に、最近のモバイル端末の購入時には皆さん、次の2種類の悩みがあるようです。

  • スマホとケータイのどっち?
    どちらも電話が使えますが、出来ることは相当違います。極端に言うと、FacebookやTwitterなどを楽しむためには、スマホが必要で、反対にどちらもやらず、さらにゲームもやらず、もっぱらメールだけという人はケータイで十分なわけです。スマホは、LINEなどのアプリを使えば電話代が無料になります。
  • タブレットPCとノートPCのどっち?
    外出時に何をしたいかによりますが、大雑把に言って、初心者にとってはこの2つに出来ることの差はあまりありません。逆に共通点がとても多いのですし、タブレットPCがより安く、軽く、手軽に使えるので、お勧めしたい年配者は身近にも多いです。

いずれにせよ、モバイルでスマイル(^^♪になれるかどうかは、それを使いこなすあなた次第ってことですね。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆

月刊新松戸2012年9月号 第170回 私のデジタルライフ~モバイルライフ

タイトルの中のデジタルは今やごく普通ですが、モバイルの方はそうでもないでしょうか。モバイル(mobile;発音はモービルやモウブルが近い)」とは移動性・携帯性・機動性などを意味しますが、小型・軽量化、高性能化された情報通信機器や情報端末を形容する言葉です。確かに昔から携帯できる機器はいくつもあったのですが、今思い出すとどれも満足に使えなかったですね。そして、近年のネット技術の進歩、機器の小型化、ソフトの発達、それとバッテリーの飛躍的な性能向上などが相まって高性能携帯やスマートフォン(以下、スマホ)やタブレットPCなどが生まれた訳です。

実は今、この原稿は暑い夏休み中の事務所を飛び出し、冷房の効いた喫茶店で書いています。インターネットはあらゆる場所で使えるので、デスクワークなど仕事の内容によっては、どこででも仕事が可能なわけです。使用している端末はiPadです。スマホで長い原稿を書くというのはキーが小さいので実用的ではありませんし、可搬性やバッテリー保持時間を考慮すると、モバイル用の小型ノートPCかタブレットPCとなりますね。

もう一つの関心事は、即ち毎月の通信費でしょう。各自が持っているモバイル端末の各々に一つずつについてネット接続通信会社と契約をする場合には、支払いはかなり高額になるでしょう。利用する場所や使用の頻度、目的によって、多くの選択肢がありますが、以下のことは知っておいて欲しいことです。

モバイルWi-Fiルータを入手し契約して、複数の端末を使うという方法もあるのですが、さらに安い合理的な手段があります。スマホはいつも携行している訳ですから、そのスマホ経由で、複数のWi-Fi端末を接続するという方法です。これを“テザリング機能”と呼ぶのですが、それが非常に重宝するのです。つまり、外に出るとテザリングでタブレットPCやノートPCに接続し、会社や自宅に戻ったらテザリングを切り、室内に据え置きのWi-Fiルータに接続する、ということです。ただ、非常に残念なことなのですが、国内で手に入るiPhoneはそのテザリング機能が無効にされていて使えなくなっていることです。

さて、多くの男性はケータイやスマホは、すでに身に付けるという感覚があるでしょうが、さらに腕時計型やGoogleや日本ではEPSONなどが開発中のメガネ型の端末が実用化されて行きそうです。そして、これは言葉では説明しにくいので是非動画で見て欲しいのですが、“いつでもどこででも、指や手でジェスチャーすれば希望する情報が目の前で得られる”という装置の実用化研究が進んでいるのです。SixthSenseで検索して下さい。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆