月刊新松戸2015年1月号 第198回 パソコンの終活を考える

受験や就活をパソコンで行うことは今では普通ですが、人生の最終章の準備をする終活という言葉も良く聞かれるようになりました。それらについて調べたり整理したりすることにパソコンを利用するでしょが、今回はそのパソコン自身の終活について考えてみます。

  1. パソコンの機械的な最後
    火災、水害、衝撃、落下など思わぬ災害や事故などによる即死もありますが、よくあるのはパーツの寿命による最後です。その場合でも内蔵ディスクを取り出して保存データを救出することは十分に可能です。一方、徐々に調子が悪化してくるような状態では(病死みたいなもの)、慌てずにすぐに重要なデータを外部メディアに保存する必要があります。まだしばらくは使えるだろう、という楽観では次の日になって泣くかもしれません。実際にそういう人を私は何人も見てきています。 その時になってパニックになってしまい誤った行動をする、ということは避けたいものです。パソコンの廃棄で需要なことは、そのままで廃品回収に出さないということです。パソコンの中には、少なからず個人情報が入っています。大事な情報は入れていないと言っても、意外と多く残っているものです。メールの内容はなおさらです。また、見られてはいけないような恥ずかしいデータなどは、ネットに流出して取り返しがつかなくなることもあります。廃棄の際には、我々のような専門業者に依頼するのもよいかと思います。
  2. 自分が亡くなった後のパソコン処理
    正月に相応しくない話題かもしれませんが、自分が死んだあとのことは、真剣によく考えておかなければなりません。これはまさに終活のひとつですが、前述のパソコン本体の処理もそうですが、大事なのは広くデジタル情報の処理です。それには遺族や関係者などに残さないといけない情報とプライベートで消してしまわないといけない情報の二種類があるということです。残す対策と消す対策の二つを両方考えましょう。また、後に残された者が、パソコンやデジタル情報についての正しい知識を持って処置してくれるようにお願いしましょう。フェースブックやツイッター、ご自身のブログなどをどうするのか、プライベートな情報、お墓までも持っていきたいデータについては、後にトラブルにならないように確実にきれいにしておきましょう。すでに様々なそのようなソフトやサービスがあるようです。

いずれにせよ、パソコンの終活をすることが、パソコンの最後の処置やご自身の最後に際してのデジタル情報の管理について考えることになると思います。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆

月刊新松戸2006年4月号 第94回 個人情報ファイルの流出対策について

最近、Winnyとそれに感染したウィルスにより個人情報ファイルが流出したというニュースが話題となっています。膨大な顧客情報、政府機関からの情報漏えいなどは絶対あってはならないことです。情報を扱う皆さん、本当に頼みますよ。そう言う私もですが・・・(^_^;)。

さて、本当に流出を防止するのだったらインターネットに接続をしないことです、と言ったら話が終わってしまいますが、Windowsやアプリケーションソフトのアップデートは常に必要ですし、あらゆる情報や連絡はネット経由で入手しますから、ネットに接続できないパソコンはもはやパソコンではないですね。 “本当に心配だったら仕事用のパソコンは別に購入してネットには接続しないことです”、と一部の異常とも言える被害妄想の方には説明しています。

とは言え、最低限知っておくべきマナーはあります。セキュリティー対策ソフトとウィルス対策ソフトを入れることの2点ですが、このことはパソコンを使う上で不可欠なことです。何も対策をしていないパソコンは、他人にも迷惑がかかる訳ですから本当はインターネットに繋いではいけないのですが、このことが広く一般的になっていないことも問題です。さらに、スパイウェアやアドウェアといわれる悪質ソフトへの対策も最近では必須になってきています。

私でさえ、と言っても私が特別にネットワーク犯罪に詳しくて防止方法やファイアウォールに精通しているわけではありませんが、とても不安になる時があります。敵は相当の腕前で、日々新しい手法を使い最新の技術とアイデアで新たなセキュリティーホール(進入の入り口)を見つけシステムを破壊したり、悪質なソフトによってファイルを盗み出したりすることが可能な連中ですから・・・。そこで100%完全な安全対策は有り得ない、と考えた方がむしろ気が楽になります。

さて、ここからが本題です。多少矛盾するかもしれませんが、私の対策はある意味、万全です。どうぞ、このPハウスの個人情報ファイルを盗んでみてください。どうですか? 内容が読めましたか? 読めないでしょう!

皆さん案外とご存じないし、あまり報道されていないのが私には不可解なのですが、WordやExcelには暗号化して保存できる機能が昔から標準で付いています。この暗号は解読できないので安心してよいです。(筆王のような宛名書きソフトにも同様の機能があります。)

「名前をつけて保存」の次に右上のツールボタンからセキュリティーオプションがありますから、そこで読み取りパスワードを設定します。これで他人は開けないようになります。是非この機能を活用して下さい。一部のソフトに限られるとは言え、会員名簿などのファイルが流出してもその中の情報自体は流出しませんから!(パスワード管理はしっかりとお願いします)

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆