月刊新松戸2015年7月号 第204回 パスワード、あなたはどうしてますか?

パスワードの簡単なものは、銀行などの4桁の暗証番号ですが、サーファーに多いのが、1173のようです。“いい波”ですね。1111や1234などは論外ですが、徳井さん(1091)、石橋さん(1484)、船越さん(2754)などは容易に想像が付きますし、鎌倉さん(1192)も変えた方がいいかも知れません(笑)

さて、コンピュータが誕生してからずっと現在まで、ID(ユーザ名やアカウントも同じ意味です)とパスワード(以下、PWD)の組み合わせで本人確認を行ってきています。最近の調査によると一人が平均20個ほどの会員サイトを利用していて、それらのIDやPWDをたった数個あるいは1個で使い回しているという現実があります。これでは、ある個人情報が漏れると簡単に他のサイトでも不正アクセスされ犯罪が行われることになります。このように、このPWD方式はもはや限界で、問題が大きいということで、認証方式を見直す研究もどんどん進んでいるようです。

先日の年金情報流出で個人情報の流出問題が一気に国民全体の関心事となったわけですが、それ以外にも多くの流出事件が度々起きていますね。想像したくないのですが、さらにそれ以上の規模の流出や、公的機関、大企業だけでなく中小零細企業や個人までも広範囲に起きているかもしれないのです。パソコンをインターネットにつないでいる時点で危険と隣り合わせになっている、と言っても過言ではない状況かもしれません。

以前でしたら、セキュリティーソフトをインストールして常にウイルス情報を更新していたらまず安心だということでしたが、今はどうでしょうか。不正アクセスで大金が盗まれるとニュースになりますが、ごく少額であるが非常に多くの口座から気が付かないで引き落とされている巨額犯罪が隠されているかもしれません。

流出には、人的な犯罪や操作ミスによるものとウイルスによるものがありますが、いずれにせよ、あなたのパソコンは常に狙われているという意識は持った方がよさそうです。個人情報の流出、特にID・PWDは、不正ログイン(成りすまし)にもなり、金銭的被害だけではなく、プライバシー侵害や大切な信用を失うことにもなりかねません。

ネットショッピングなどの取引には、ほとんどと言っていいほど、メールアドレスがIDとなっていますので、PWDさえ合っていれば簡単に会員に成りすますことができます。PWDを使い回ししているとさらに危険です。PWDは長くて複雑な文字列で設定し、しかも定期的に変更すること。同じPWDを使い回ししないこと! PWD管理は、厳重にしっかりと! そして何よりも忘れないこと!!

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆

月刊新松戸2015年6月号 第203回 健康が一番、加齢とパソコンライフ!

何をするにも健康であることが何より大事ですが、年齢と共に身体のあちこちにガタがくることは避けられませんね。私自身も去年眼科のお世話になりましたし、物忘れも少し気になってきました。最近は、頻繁に持ち物チェックをするようになりましたが、それは、スマホ、財布、老眼鏡の必携3点セットです。これらは携行していないと困るものですが、頭の上に載せたメガネや耳に当てて話しているスマホを探すこともたまにあります(^^;)

私は朝から夜遅くまでずっとパソコンを使っているのですが、これはかなり不健康でしょうね。職業病だから仕方ないと言っておられない歳になったのは事実で、定期的な運動やマッサージが欠かせないようです。それにしても、パソコンはボケ防止に役立つとも言われていますが、やはり同じ姿勢を保って長時間座っていることや画面の凝視で目を酷使することは良い訳がありませんね。

さて、ここでもたびたび触れて(宣伝して)いることですが、パソコンで使用されている部品の多くは比較的簡単に交換できるので、ハード的に壊れた時には、当店のようなパソコン修理店で修理可能です。また、ソフト的にどうも何かが調子が悪いような時にも、当店のパソコンサポートで診断を受け治療を施せば大抵すぐに完治できますし、より健康にもなります。

一方、人間も歳とともにパソコンと同様、経年劣化で不具合箇所が出てきますが、パーツ交換できるものは、人工臓器や、義肢、義歯、白内障の眼内レンズなどまだ限定的です。機能を補ってくれる眼鏡、補聴器も補助器具として欠かせません。今の顔を交換したいとかメタボの腹を6つに割れた腹筋に取り替えたい、という願望は別にして、機能的に置換可能な部位は今後増えていき、究極的にはサイボーグ人間になっていくのでしょう。

私も次第にあちこち傷んできていますので、起床時の始動前点検(血圧、体重測定)と就寝前のお酒と音楽によるリラクゼーションは欠かせません。パソコンは、私の記憶容量と検索機能を補ってくれるとても頼もしい補助具です。体内に取り込みたい位です(笑)

ところで、パソコンは電源を切っても、保存したデータは消えませんし、万が一パソコンが突然お亡くなりになっても、当店では記憶媒体を摘出しその中からデータを救うことができます。しかし、です! 皆さんがネットなどで使う数々のパスワードは、絶対に忘れないでくださいね。忘れてしまうと我々としてもサポートが結構厄介なことになることが多いからです。忘れてよいのは、昔の悲しい出来事や日々の辛い事だけで十分ですよ。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆

月刊新松戸2013年8月号 第181回 あなたのパスワードが盗まれる日

この惑星の住民は、一度痛い目に会わないとそれを学ばないものらしい。失敗をして初めて理解することがあるということですが、パソコンで誰でも一度は経験することですが、作成途中の作品や文章が自分の操作ミスやパソコンの不調で、一瞬で苦労が水の泡となることです。それ以降は、こまめな保存と、定期的なバックアップを心掛けるようになりますね。また、コピーして持って行ったデータが相手先で読み込めなかった悔しさもあるかもしれません。ビジネスだと大きな問題ですが、それ以後は、複数のメディアにコピーしたり、メールやクラウドを利用したりすることを学ぶのです。昨日まで他人事だと思っていたことが、ある日突然自分に…。

実は、先日身内がネットで詐欺にあってしまいました。知らないサイトで5万円ほどのカメラを買われてしまい、その商品が犯人宅へ届けられ、さらにパスワードまでも変更されたというものです。このようにパソコン利用で最も怖いのは、言うまでもなくセキュリティーに関することです。この手の犯罪の巧みなところだと思うのですが、ワンクリック詐欺や不正請求の額も同様に3~5万円程度という微妙な額なのです。家族に知られたり警察に届けるのも面倒だという心理をついていると思われるのです。

データ流出の原因のひとつは。自分のパソコンやスマホから漏れてしまケースです。ウイルス感染によるものだったり、フィッシングという偽の画面でパスワード入力をさせるるものもあります。キーロガーという類のソフトでは、打ち込んだキー入力のすべての履歴がネット経由で吸い上げられるです。

もう一つは、個人情報を保持している組織や企業から漏洩するケースです。時折ニュースで公表されたり、お詫びの告知が出る例の個人データの大量流出です。ネットバンクやショッピングサイトなどのサーバが攻撃されることでID・パスワードが流出するので、もう誰を信用したらよいのやらという気分です。

さて、あなたの個人情報はある人たちにはすでに筒抜け、丸裸だと言うとビックリでしょうが、テロ対策や密売摘発などの為だけでなく、実際、一般市民の個人情報もある機関では積極的に収集されているようです。IDとパスワードが悪意のある他人に知られたら簡単に買い物されたり送金できたりしますから。

心掛けたいことは、パスワードを定期的に変更すること。それとID・パスワードを流用しないことです! 多くの人たちが同じID・パスワードを使いまわしているそうですが、そうすると。容易に想像がつきますが不正使用の被害にあう可能性が確実に高まるのです。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆