月刊新松戸2004年1月号 第70回 待っていました2004年!パソコン駆け込み寺

タイトルの前半は別に大した意味はありませんが、とにかく本年もよろしくお願いします。  さて、当パソコンPハウスでは、地元に根付いたパソコン・ライフのお手伝いをさせていただいておりますが、「パソコン相談室」として8年前に開設して以来、“パソコン駆け込み寺”としてこの辺りでは珍しいサービスをしてきたと自負しております。

当初は、ソフト業のかたわら細々と営業していましたが、現在会員さんは増え1千人近くになり東葛地区(松戸、流山、柏)には訪問サポートや出張修理も行っています。また、1年半前には新松戸支所裏に店舗を設けましたので、文字通り困ったときの駆け込み寺となっているのではと思います。上手に利用していただけると意外な程に(?) お役に立てると思います。

私はよく言うのですが、「パソコンは簡単であり同時にとても難しい」のです。接客時にとても神経を使うことなのですが、パソコンがどんなに複雑で難解な代物かいうことを理解していないお客様とのトラブルを避けなければならないからです。「パソコンの操作はとても簡単です。が、パソコンの中身は非常に複雑で難しいのです」前者の立場はメーカーやパソコン教室で、後者は、パソコン専門雑誌やパソコン修理業者なのでしょう。どちらが正しいということではなく、両面あるということです。

さて、我々の使命はパソコン・ライフへの手助けです。故障したり調子の悪いパソコンは修理します。壊れるように作られている、と言うと言い過ぎかもしれませんが、何しろあらゆる部品が壊れていますし、ソフトの不具合も多数あるからです。またウィルスや迷惑メール、セキュリティーの問題が今後も話題となり避けて通れないでしょう。

我々は、それらを総合的に解決しアドバイスもしております。個人の時よりも複数のスタッフで対応できるようになり以前より格段に修理範囲が広がりつつあります。一人の患者さんを何人かの医師で診察、治療するメリットは大きいと思います。また、医療事故のないように努めています。

Windows, Macintosh, そしてこれからますます増えるであろうLinuxについても対応しています。従来、WinもMacもクライアント(利用者)としての使用が多かったのですが、安価なLinuxのサーバ(提供者)によりNetworkが身近なものになってきました。小規模オフィスや家庭内でもLANが普及し、ネットワークやファイア・ウォールなどの知識が必要になってきていますが、当店ではこれらのご相談も承っております。インターネット、LANのトラブル, サーバー・クライアント構築、ホームページやCGIの作成などお気軽にお声をかけてください。Word/Excelなどのソフト指導ももちろんお任せください。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆