月刊新松戸2009年7月号 第132回 これが我が「パソコンPハウス」の使命です

“パソコンを習いに行く“というブームは去ったと思われますが、カルチャースクールや通信教育の案内書はよく見かけます。しかし、最も身近に感じる町中のパソコン教室は次第に減っていくような気がするのです。

ワープロ教室とコンピュータ学校は以前からありましたが、「パソコン教室」がタウンページの目次に登場したのは、確か2001年でした。パソコンが急速に低価格化して一般に普及し、パソコン教育熱はITという言葉と共に過熱しましたが、最近ではパソコン教室の掲載数は激減しているようです。需要が減ったからでしょうが、そもそもパソコンに特有な事情もあったと思われます。

子供の学習塾は普通、長期契約となりますが、パソコン教室はどうしても短期で終了しがちです。高い募集広告を出して生徒を確保しても、短期で去ってしまうのでは採算が取れません。さらに、生徒さんが求めることと、実際に教えている内容がずれ始めたのではないかと思うのです。パソコン教室では、特定のソフトの基本操作の指導に終始し、大事なパソコンの基本知識(例えば、バックアップの必要性、ウイルスなどの危険性など)をほとんど教えないという問題点があるのです。パソコンにはペン習字やピアノと同様、操作習得や繰り返しの練習が必要な面はもちろんありますが、同時に“パソコンは何ができて、何が問題で、こういう場面にはこう使うと便利”といった利用技術の指導、教育があってしかるべきだと思うのです。ただ現実的には、友人や知人同士でパソコンを教えあうようになり、需要は減ってきたと思われます。

さて、ここからが私が声を大にして言いたいことですが、パソコンに関する“よろず相談ごと”を受け付けるお店、パソコンで困ったことを気軽に相談でき、疑問点を解決して日常の業務処理を改善してくれるお店が、現実にはほとんどありません。気軽に、しかも親身になって相談できる場がない!

その理由は至極簡単で、主に個人客を相手とするので、大変な割に儲からないからです。それに優秀なスタッフも必要ですし…。しかし、体調が悪いときには病院へ行くように、パソコンに関する故障や疑問も、親身に相談にのってもらえる場所が必要なはずです。

表面的な相談しか乗ってくれないパソコンショップに不満を感じ、当店におみえになるお客様は少なくありません。またパソコン教室も、極端にいえば先生が分かる範囲のことしか答えてくれないため、物足りなさを感じて当店におみえになる方もいらっしゃいます。「パソコンPハウス」は、あなたの掛かり付けの主治医ならぬパソコンアドバイザー、コンサルタントなのです。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆

月刊新松戸2006年7月号 第97回 パソコン教室、それともパソコン相談室?

パソコンを教えることは難しいです。と言うのも、パソコンを習うということについて少々誤解されている方がいらっしゃるからです。ここで、10年以上の指導経験から私が日頃感じていることを書かせてもらいます。

サッカー日本代表の監督だったG氏については、その手腕や指導方法について賛否両論があるようです。本大会で1勝もできなかったことへの非難も多いですが、4年前のT氏(もしくは韓国と今年の豪州監督のH氏)との比較論もおもしろいです。両者のお国や経歴など違うので比較は難しいでしょうが、ひとつ「指導する、教える」について興味深い話しがあります。G氏は、ポイントやヒントを与えるだけであとは選手の自主性に任せ、自分で考えなさいという指導法でしたが、T氏(G氏)は、すべてについて細かく教える、ということが言われています。同じ課題を毎日何度も何度も繰り返し練習させることによりできないことが可能となる、という考え方だと聞きます。

弊社のパソコンPハウスにおいては、指導時にこの2つを生徒さん毎に使い分けているつもりです。(たまに、その使い分けを間違えている自分にはっとする事もありますが・・・。)ある程度判っている人には、ポイントとなる点を中心にお教えしています。聞かれたことに対して関連技術情報と共に有効な情報を伝えることが中心となります。私からの情報を、ご自分で整理してそしてあとは自分で考えながら納得して欲しいからです。

もうひとつの指導タイプは、1から10まですべてを指導することです。これには私も根気とエネルギーが必要ですし時間もかかるのですが、生徒さんの希望を叶えるためには我慢の為所です。

それぞれの生徒さんが何を期待しどの情報を求めているのかを十分にお聞きし、何がここで一番必要な知識や技術なのかを見極めて最適なご指導をすることを心掛けている訳なのです。

一方、一般的ないわゆる「パソコン教室」は、学習すべきテキストがあったりまたは1人でビデオ学習をするようになっています。個別の質問や相談に対してほとんど対応していない現状は、こちらのPハウスに流れてきた(?) 生徒さんの声からよくわかります。

あなたはピアノやギターの先生に「何ヶ月で弾けるようになりますか」と質問するでしょうか? 英会話も同じですね。初心者の方についてはパソコンは「何時間くらいで使えるようになるか」ではなく、「何時間くらいでどこが判らないかということが判るようになるのでしょうか」という方がより正しいにではと思います。

パソコン学習は自動車教習所とは違います。これで卒業ということはないですし、それ以上にパソコンは難しいからです。免許は、何時間かの講習と実技をすれば時間がかかっても取れますが、パソコンに関してはそう簡単ではありませんね。そこの所を誤解している方が実際にはいらっしゃるのです。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆

月刊新松戸2004年1月号 第70回 待っていました2004年!パソコン駆け込み寺

タイトルの前半は別に大した意味はありませんが、とにかく本年もよろしくお願いします。  さて、当パソコンPハウスでは、地元に根付いたパソコン・ライフのお手伝いをさせていただいておりますが、「パソコン相談室」として8年前に開設して以来、“パソコン駆け込み寺”としてこの辺りでは珍しいサービスをしてきたと自負しております。

当初は、ソフト業のかたわら細々と営業していましたが、現在会員さんは増え1千人近くになり東葛地区(松戸、流山、柏)には訪問サポートや出張修理も行っています。また、1年半前には新松戸支所裏に店舗を設けましたので、文字通り困ったときの駆け込み寺となっているのではと思います。上手に利用していただけると意外な程に(?) お役に立てると思います。

私はよく言うのですが、「パソコンは簡単であり同時にとても難しい」のです。接客時にとても神経を使うことなのですが、パソコンがどんなに複雑で難解な代物かいうことを理解していないお客様とのトラブルを避けなければならないからです。「パソコンの操作はとても簡単です。が、パソコンの中身は非常に複雑で難しいのです」前者の立場はメーカーやパソコン教室で、後者は、パソコン専門雑誌やパソコン修理業者なのでしょう。どちらが正しいということではなく、両面あるということです。

さて、我々の使命はパソコン・ライフへの手助けです。故障したり調子の悪いパソコンは修理します。壊れるように作られている、と言うと言い過ぎかもしれませんが、何しろあらゆる部品が壊れていますし、ソフトの不具合も多数あるからです。またウィルスや迷惑メール、セキュリティーの問題が今後も話題となり避けて通れないでしょう。

我々は、それらを総合的に解決しアドバイスもしております。個人の時よりも複数のスタッフで対応できるようになり以前より格段に修理範囲が広がりつつあります。一人の患者さんを何人かの医師で診察、治療するメリットは大きいと思います。また、医療事故のないように努めています。

Windows, Macintosh, そしてこれからますます増えるであろうLinuxについても対応しています。従来、WinもMacもクライアント(利用者)としての使用が多かったのですが、安価なLinuxのサーバ(提供者)によりNetworkが身近なものになってきました。小規模オフィスや家庭内でもLANが普及し、ネットワークやファイア・ウォールなどの知識が必要になってきていますが、当店ではこれらのご相談も承っております。インターネット、LANのトラブル, サーバー・クライアント構築、ホームページやCGIの作成などお気軽にお声をかけてください。Word/Excelなどのソフト指導ももちろんお任せください。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆

月刊新松戸2003年11月号 第68回 どんな質問でもどうぞ、電話相談は無料!

当パソコンPハウスの会員さんになっていただくと、電話でのご相談が無料です。パソコンを操作していてわからなくなったとか、動きがおかしいとか、本来あるべきツールバーやボタンが表示されなくなったとか、どんな場面でも電話してきて下さい。

これは設立以来8年も続けていることであり当社の自慢でもあります。入会の条件は東葛地区にお住まいの方で、入会金\3,000(税抜)を納めて頂くことです。そうするとなんと無期限!でご相談が可能です。“無期限”としている理由ですが、これは「当社は責任を持って永続的にこのパソコン・サポートビジネスを継続している証(あかし)であり、今後の決意表明」でもあります。通常メーカやショップ等では、年間契約で1万円前後が多いようですが、当Pハウスでは、無期限で\3,000(税抜)としています。

私たちは会員さんを大切にしています。購入相談から設置・接続そしてソフトの指導や作成、トラブル解決やパソコン修理、とトータルにサポートしますので、会員さんになっていただけると、いざというときに心強いと思います。「パソコン駆け込み寺」ですねと何人もの方から絶賛されて恐縮することも多いですが、繰り返しのご利用があることが励みになりますし、親身になってのサポートを信条としています。

ただし、時たま勘違いする人がいるのですが、相談と指導とは違いますよ、ということです。無料だからといって延々と(長々と)指導を求める人がいるのです。例えばあるソフトの機能について詳しく操作説明を求めるというのは無料相談の域を超えて指導ですね。あくまで、簡単な(単純な)質問やアドバイスの範囲にしていただきたいのです。「私どもはボランティア団体ではないのです。」と言いたいときもあります。きちんとしたご指導は時間をとっていただいて有料で行っているのですから。

さて、電話相談サポートは、実は会員さんにとって非常にお得なことがあります。当たり前かもしれませんが、本来かかるであろう高額な修理代がなんとタダ!になることがあります。非会員さんからのトラブルの電話では、状況を聞いてとりあえず出張またはパソコンを持ち込んでもらうことになりますが、会員さんですと何とか電話でアドバイスして解決の方法を探ってあげることになります。これは矛盾しているビジネスかもしれませんが、なんと電話だけの助言でパソコンが直るということは実は多いのです。しかし逆に、本当に壊れたり複雑な難易度の高い修理の場合には、気持ちよく仕事をさせていただけるのです。

どうぞ何なりとお電話ください。ただし、質問内容をきちんと整理して(できればメモ用紙に書いてから)からダイヤルをお願いします。 本当は、FAXやEメールの方が何倍もありがたいのですが、お急ぎの場合はどうぞ(^_^;)

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆

月刊新松戸2002年8月号 第53回 こんなお店を待っていた、パソコンPハウスOpen!!

※このページの記事は2002年に作成されました。最新のパソコンPハウスの御案内はこちらです。

今回は、いつもとは趣向を変えまして、広告記事となりますので悪しからず。

先月7月初めに新松戸市民センター(支所)の裏通りに、パソコンのことなら何でもの「Pハウス」が新しくオープンしました。 従来の「パソコン相談室」を業務拡張したわけですが、入門コースの新設や様々なテーマでのセミナー開催も予定しておりますので、どうぞご期待下さい。さて、「Pハウス」には以下のような部門がありますのでそれぞれご紹介させていただきます。

パソコン相談室
“パソコン相談室”は個人指導として従来どおり継続して行っております。パソコンについてのあらゆるご相談からトラブル対応まで親切に解決します。また、出張指導もあり困った場合にはどうぞお気軽に救援依頼をお願いします。会員制(無期限で4000円)ですので会員の方は電話相談が無料です。トラブルの何割かは電話だけで解決できますので、お得だと思います。 料金は回数券ですと割引となります。

ベーシックコース
個別指導ですが、講師1人につき2~3名まででテキストを使用しますが、初心者についてはほぼマンツーマンでご指導しています。現在、「パソコン入門」「Word入門」「Excel入門」「インターネット入門」の4コースですが、今後増やしていく予定です。それぞれ回数券制ですので効率の良い学習が行えます。 1時間単位の回数券で、5回券と10回券があります。

パソコンセミナー
現在準備中ですが、毎回テーマを決めて入門セミナーを開く予定です。例えば、「ハードウェア入門」「デジタル制御入門」「プログラミング入門(VB編)、同(C編)」「年賀状作成入門」「ホームページ作成入門」などを予定しています。

OAデザイン
各種チラシやポスターのデザインなどを行います。ワープロ入力やデータ入力、また少量の印刷物、名刺、ラベルやはがき宛名印刷なども低料金で行っていますので何なりとご相談下さい。 さらに、これは本業(ソフトウェア業)と言えるかもしれませんが、ホームページの作成を行っています。作成実績は多数ありますし、新松戸のタウン情報サイトである「しんまつど★ドッとこむ」は当社が運営しております。

その他のサービスなど
最新のパソコンやMac、様々なソフトや機器などを体験することができます。また、パソコンやプリンターの時間使用でき、インターネットカフェのようにご利用いただるようにしています。利用料金は、30分毎に500円です。 場所が市民センター裏(図書館入口そば)の1Fなので非常にわかりやすいかと思います。ちょっとしゃれた雰囲気のお店だと思いますのでどうぞお気軽にお入り下さい。お飲み物のサービスもあります。 従来のパソコン教室やスクールとの違いは、レベルを初心者に限定していいないこと、指導をソフト操作だけに限定していないこと、Macにも対応していること、接続や修理も行うことなど広範囲にサポートしますので、トータルにデジタルライフを応援することを目的としています。どうぞ、Pハウスをよろしくお願いします。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆

月刊新松戸2002年4月号 第49回 使われる人から使う人へ、そして作る人へ

パソコンに乗り遅れた人たちと仕事や趣味にパソコンをバリバリ使いこなしている人たち。このように二分される時代が来たと言われて久しいですが、特に近年インターネットやITを利用できるかどうかで、デジタルデバイド(情報格差)の問題が騒がれるようにもなりました。平和な暮らしのためにはパソコンは必需品とは思いませんが、効率的な仕事や生活のためにはなくてはならないものになりました。

大雑把に言って現在50歳以上の方々では、はっきりとできる人とそうでない人(拒否反応を起こしている人)に分かれるようです。 “今更ねぇ”という人が多い中で、例外と言ったら失礼ですが年輩の方でも本当に使いこなしておられる方たちをたくさん私は知っています。どこが違うのか? それは、たぶん目的を持っているかどうかだと思います。目的を持っている人は必死ですし、パソコンを道具として使っている人なのです。それとやはり、機械いじりの好きな人たちは上達が早い(知識の習得が早い)と言えるでしょう。

話がそれるかもしれませんが、ソフト業では、大まかに3つの職種に分けることがあります。それは、システムエンジニア(いわゆるSE)とプログラマ(PG)、それとオペレータです。オペレータをさらにデータ入力者(パンチャー等)と区別し4種とする事もあります。

オペレータは文字通りパソコンを操作する人です。与えられたデータ入力、またはワープロ文書など作成したりするのですが、言葉は悪いですが、どちらかと言うとパソコンに「使われている人」です。プログラマは、ご存知のようにソフトを作る人です。いろんなレベルの人が含まれますが、上級プログラマは、自分でソフトを設計して(造って)売れるソフトまで完成させる能力があります。こうなるとまさに「作る人」です。SEは、さらにその上に君臨する万能的なリーダーです。未知のシステムなどを設計する(創る)ことが出来ますが、このレベルの人にはそう簡単になれるものではありません。

さて、皆さんにプログラマの意味での「作る人」になって欲しいとここで言っているのではもちろんありません。「使う人」には割合とすぐになれるかもしれません。パソコンの操作に必要な知識を習得し、様々な要求に対して臨機応変にパソコンを使うことのできる人のことです。

しかし、そのすぐ次には、作る楽しみということがあります。ホームページ作成も「作る」ことに入ると思いますが、自分が作ったモノが動いた時のうれしさや達成感はすごいものですし、さらには感動まで得ることが出来ます。特に、ExcelやAccessでデータ処理を行うマクロなどを作って動かした時には、自己満足以上のものを得ることがあります。有用なマクロを作って会社の定型的な日常業務の効率化に貢献している人も多いと思います。

「作る」という楽しみ方がパソコンにはあり、そういう仕組みが最初から備わっているのです。マクロ(VBA)も広い意味で立派なソフトです。そろそろ何か動くものを作ってみませんか? HP作成でもマクロでもいいです。想像力、独創力を働かせて創造している人は、素敵ですよ。

早く作れる人になるように「パソコン相談室」では1対1の完全個人指導で学習できます。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆