月刊新松戸2001年10月号 第43回 オール・アバウト『パソコン相談室』

新松戸のパソコン・ホームドクターを目ざして96年9月に「パソコン相談室」を開設してから丸5年が過ぎました。現在、会員数は300名を越え、おおむね皆さんのお役に立てているのではと自負しております。今回は、いつものようなコラムをちょっとお休みして当相談室の紹介をさせて頂くことにします。はっきり言って宣伝ですが・・・(^^ゞ

さて、“パソコン難民の救済”という慈悲深い気持ちで始めたわけですが(本当は副業としたかったのですが)、パソコンやソフトのメーカー、そして数あるパソコン教室の商業主義に異論を唱えたかったこともあります。

当「パソコン相談室」は、パソコン教室ではありません。タウンページの同カテゴリーには仕方なく入っていますが、他の教室と異なる点は、「いかに短時間で効率的に学ぶか」「パソコンとは何か、パソコンはどう活用するか」についてご指導していることです。いわゆるPCスクールでは、普通は「決められたコースで与えられたテキストに従って操作の練習をする」「ソフトの操作方法は指導するが、パソコンの簡単な動作の仕組みなどは教えない」ということだと思います。

一方、当相談室では、その他パソコンに関するあらゆる相談ごとにお応えしています。完全な個人指導で、よも山話も交えながら指導を進めていくのですが、WordやExcelを教えて下さいという場合でも、その人が使う機会もなさそうも機能は省く場合もあります。つまり、一人一人の仕事や趣味ややりたい事を常にインタビューしながら“役に立つ”指導を心がけているということです。かなり広範囲になりますが、入門から応用、トラブル解決まですべて承っております。Windows、Mac、Linuxどれでもご指導できますし、ソフトのインストールやハードの追加やパソコン修理も行っています。インターネット接続、LAN構築もご相談ください。そうそう忘れる所でした。本職でもあるソフト作成やホームページ作成もご指導します。PHPスクリプトによるプログラミングは楽しいですよ。

料金は、回数券制で、5回券\15,000(税抜)、10回券\28,000(税抜)などがあります。(1回とは1時間です) 入会金は、別途\4,000(税抜)頂いていますが、回数券と同じく使用期限はありません。また、入会金のみの料金で電話相談会員も募集中です。会員さんは電話やEメールでの相談が無料です。ただし節度ある常識の範囲内での相談に限らせていただいております。営業時間は、朝10時から夜19時までで年中無休です。完全な予約制。あらゆる相談について親身になって解決しますのでどうぞお気軽にご利用ください。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆

月刊新松戸2001年9月号 第42回 ホームドクターはお持ちですか?

皆さん、かかりつけのお医者さんをお持ちでしょうか?疲れやストレスからくる病であれば十分な休息だけで治るかもしれません。しかし、パソコンはそうはいかない場合が多いですね。「休めば直る」というという症状も確かにあります。その原因はペンティアムなどのICの熱暴走です。パソコンは熱に弱いので冷やさないとそうなります。何分か使用すると必ずフリーズするようになる場合は、冷却ファンなどの故障が疑われますし、空気が通るための穴は絶対にふさいではいけません。

例えば、このように、ハードを含めた適切な診断が必要となるのがパソコンです。経験を積んだドクター程心強いものはないと思います。ここで多少宣伝になるのですが、自分自身がパソコンと苦労を共にしたこの20年来の経験を少しでもお役に立てたいと思っているのです。

コンピュータは学問かもしれませんが、その中のパソコンはホビーに近い側面があります。なぜなら、経験と同時に現在発売されている商品の知識も必要だからです。コンピュータの基本知識とともに、パソコンの現状がどうなっているかの雑学のような知識も大切だということです。商品としてのパソコンですから、売る側であるメーカや販売店の論理を正しく見抜いていないと、誤解を招くことも多いし、騙されたような気分になることもあるでしょう。競争の激しい商品だけにメーカの広告宣伝は刺激的ですし、たまにはウソも見受けられます。ですから後悔しないために必要な基礎知識が求められるのです。

とは言っても、現実にはそれらを勉強する時間をとれる人は少ないでしょうし、パソコンを1台か2台しか扱ったことのない初心者にとって経験不足はどうしようもありません。

そこで必要となってくるのが、簡単なことを質問したり何でも相談できる人(または組織)を見つけることです。また、何かトラブルがあった時にパソコンを実際に看てくれることも必要かもしれません。まさに往診してもらえるお医者さんが求められているのです。とにかく、現在のパソコンには問題が多すぎるので、結論として、「初心者にはホームドクターが不可欠」ということです。

当「パソコン相談室」は、それらにお応えしておりますので、どうぞお気軽にご利用ください。ちなみパソコンを直せない場合はほとんどありません。所詮、機械なのですから部品交換やソフト調整により修復は原則として可能です。ただし、時間と費用さえ惜しまなければという条件は付きますので、相談者のご理解と了解が必要となるということが、実はビジネスとして難しいところなのです。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆

月刊新松戸2000年3月号 第24回 パソコンでよく聞く困った質問あれこれ

長くパソコンの指導を行っていると本当にさまざまな質問を受けます。今回はその中からちょっと困ったものを取り上げてみます。

xxxのソフトを持っていたらコピーさせてもらえないでしょうか。
結構こういった電話があるのですが、丁寧に事情を説明してお断りしています。ソフトのコピーは違法です。特に、ソフト関係の商売をやっているので当社ではご希望にそえません。もしかしておとり捜査?と思ったりもします。

ソフトが固まってしまって動かないのですが、どうしたらいいですか? また、そのまま電源を切ってもよいですか?
パソコンは日々改善されてはいるもののまだまだ未完成ですし、ソフトも時には機嫌を悪くすることがあります。最悪はハングアップとかフリーズとか言いますが、停止してしまうのです。再現性のあるものは少ないのですが、おかしいと思ったらパソコンの電源を入れ直すことです。悲しいかなそれが唯一の解決策というのが現状です。

自分と同じパソコンで指導を受けたいのですが、そちらはどこのパソコンを使いますか?
5年以上前ですとこういう質問も意味があったのですが、現在はパソコンと言えばたった2種類だけなので(WindowsパソコンとMacintosh)、メーカによる差異は全くと言ってよいほどありません。また特定のソフトのご指導ですとパソコンの違いによる操作の違いは皆無です。ただし、パソコンによって入っている色々なソフトは1台1台異なるわけですから、パソコンは全部違うともいえます。この辺りの事情を分かってもらうのに一苦労します。

ホームページはいくらで作ってもらえますか? また、自分で作れますか?
これは先月号に詳しく書きましたが、家を作ることに類似していますので、その大きさ(量)と内容や機能(質)によって雲泥の差が出ます。簡単にいくらですと回答することは非常に難しいのです。また、基本的にご自分が作って更新することが理想なので、そのお手伝いは通常のご指導時間内で可能です。

ワープロソフト(または表計算ソフト)をマスターしたいのですが、どれくらいかかりますか?
パソコンが上手(?) になるにはどれくらい、と言う問いかけもありますが、はっきり言ってこういう質問には困ってしまいます。例えば、あなたは英会話やピアノを習おうとするときに同じような質問をしますか?年齢のことを含め個人差は思った以上に大きいものです。ソフトのよく使う機能の一通りの操作説明は、何時間ですと言えなくもないのですが、自分のものにすると言う意味では独習が前提ですが、何年もかかるものなのですから。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆

月刊新松戸1999年1月号 第10回 パソコン教室と「パソコン相談室」

年齢を問わず「パソコンを習いたい」という人たちはますます増え続けているようです。なにしろ、ごく普通のおじさんやおばさま方がパソコンを軽い気持ちで買うようになったご時勢なのですから。それとここで繰り返しお話していますが発展途上の、悪く言うと未完成なパソコンであるがゆえのトラブルもまだまだ減る気配はありません。

さて、巷のパソコン教室で行われている内容は、ワープロ・表計算など様々なコースがあります。しかし、一般的にはどこの教室でもあるソフトの操作方法を教えるということに重点を置かざるを得ない現状があります。効率性(採算性)、パソコンに詳しい先生の確保の問題などがあるからです。ピアノ教室でも初心者への指導はとかくバイエルやチェルニーなどの教則本に従った繰り返し練習に終始しがちです。もちろんそれはとても大切なことなのですが、ピアノを通しての音楽性の教育とか、楽しい音楽とはについての指導も同時に行われるべきなのです。さらにピアノという楽器自体の構造や発展の歴史も指導として忘れてはならないと思います。パソコンも同様に様々な面からの教育が重要になってきています。

当「パソコン相談室」は、単なるパソコン教室ではありません。3年近くの指導実績(累計約150名の生徒さん)から紹介しましょう。 トラブル関連では、圧倒的にインターネット関係が多いのです。プロバイダとの契約と接続について一緒に行なうこともあります。また、ハードディスクやメモリー増設の作業、スキャナー他周辺機器の接続、プリンターの印字トラブルなどあらゆることがあります。

ソフト関連では、ワープロ・表計算・データベースソフトなど様々なソフトを使って生徒さんの実務をお手伝いすることもあります。パソコン活用で作業の効率化・省力化に貢献させていただいていると自負しております。生徒募集のチラシ作成、自治会新聞の作成、学習塾の生徒管理・月謝集計、顧客管理、住所管理とラベル印刷、確定申告経費集計など様々な要求にお応えしています。

もちろん、初心者の方には初歩から指導し、仕事や就職を目指す方には「最短時間・最少の費用」で各種ソフトをお教えしています。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆

月刊新松戸1998年4月号 第1回 連載開始! 元気ですか? あなたの家のパソコン

今や、パソコンはとても便利な道具(ツール)として、私たちの回りの職場や仕事場、そして各家庭で広く使われるようになりました。すでに使いこなしている者にとってはなくてはならない超便利グッズなのですが、そうでない人には訳の分からない場所をとるTV?としか見られない存在でもあります。何れにせよ、パソコンはあなたの仕事や趣味を効率化するためにあり、その存在は益々重要になってきます。

”パソコンを習う”ということは、車の運転やピアノや英会話を習うのと同じ意味で道具の”操作方法”を覚えることから始まります。しかし、英語を通して外国の文化を知るとか、お茶お花を通して華道茶道の精神世界を体験するといったように、単にパソコンは手段であり、本当にやりたいことはその先にあるという風に考えてみたいものです。目的を持っている人、つまりパソコンで何をやりたいかが判っている人は上達も早いし必死に勉強もするわけです。

パソコンの守備範囲(できる内容)は非常に広く、まだまだ深くかつ拡大していきます。パソコンとつき合うことは、私たちの生活に必要不可欠となってきていますが、そのパソコンに使われている(遊ばれている)と感じるようでは、本末転倒ですね。自動化・省力化はパソコンの得意な分野です。どんどんパソコンに仕事をやらせましょう。やってもらいましょう。

ここでは、「パソコンは勉強するに値する文房具」としてとらえ、「ホーム・コンピュータとしてのパソコン」の情報と活用方法をアドバイスしていきたいと考えています。初心者を対象としたわかりやすい表現と内容で解説していくつもりですので、ご期待下さい。少しでも皆様のパソコン・ライフのお役に立てればと思っております。ご感想ご希望もお寄せ下さい。

尚、当社の「パソコン相談室」では、Windows、Macintosh を問わずあらゆるパソコンとソフトについてのご相談と指導を行っております。完全個人指導で、回数券、予約制ですし、近隣地区へは出張指導もあります。また、この連載と同様の主旨でパソコン情報誌、月刊「くりっく」を発行しております。希望者には無料配布しておりますので、お問い合わせ下さい。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆