月刊新松戸2011年5月号 第154回 情報メディアの料金や停電についてのあれこれ

よく受ける相談ですが、「プロバイダーはどこがいいですか?安い方がいいですけど。」とか「これからの時代、テレビはどうすればいいのですか。一番安く見る方法は?」などです。毎月発生する料金のことなので、携帯の電話代と同様に切実な問題でしょう。

プロバイダーは、実に数多くの選択肢があって、また、東電の電気代など光熱費と違って各社は互いに競合していますので、プロバイダーの料金はどんどん安くなっていく訳です。従って、今日現在一番安いからと言って来月はどうなっているかはわかりません。さらにキャンペーンやキャッシュバックなどもあったりするので料金だけを取っても単純な比較は本当に難しいのです。

テレビの場合は、選択肢として、ケーブルTV、フレッツTV、それと自分でアンテナを立てて受信するTVの3つということになるでしょうか。前者の2つにはインターネット接続、IP電話などの付加サービスがあり割引きもあるので、こちらも単純な料金比較は難しいです。また、機能的に長所短所があるわけですから、各お宅の条件にあったTV接続を方法を選択することになるでしょう。

余談になりますが、地デジについてのウンチクです。地デジ(UHF)アンテナが必要ですが、それでは千葉テレビが見られなくなるのです。アナログ放送では、アンテナの方向が少しくらい違っていても画面が荒くなりますが何とか見られました。しかし地デジ放送では、ほとんどのTV局の送信所は東京タワーなので(新松戸からはスカイツリーもほぼ同一の方角で)南西です。一方、千葉テレビの送信所は船橋(東南の方角)なので、アンテナは2本立てないといけないかもしれないのです。

情報メディアとして、携帯ラジオも見直されつつあります。先月の震災直後から私は非常持ち出しバッグの中には、ラジオと多量の電池も入っています。ラジオは遠くの電波も拾いますから貴重なのです。しかも無料です。

携帯電話については、計画停電の3時間程度は各中継局も電源バックアップされているので継続して使用可能のようです。ただ、SkypeやFaceTimeなどのネットを介しての通話は、今回の大震災時では通常の携帯電話のより遥かに繋がりやすかったという話ですし、実際に当時私もSkypeは重宝しました。

停電時には、地元のコアラネットも含めプロバイダーは使用不能となるようです。いくら自前の発電機を備えて電源を確保したとしても、プロバイダーや中継局が停電したのでは、インターネットは使用できなくなるのです。その意味では、WiMAXなどのモバイル接続サービスがこれからは重宝しそうなのです。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆

月刊新松戸2008年9月号 第122回 Help!プロバイダーはどこがいいの?

皆さんの多くはすでにインターネット接続利用者で、いまさらプロバイダーはどこがお勧めと言われてもすでにどこかと契約しているわけで・・・。でもお付き合いを!

まずはプロバイダー(正しくは、インターネット・サービス・プロバイダー;インターネット接続業者)はどのようなサービスをしてくれる会社なのかを知りましょう。インターネットに接続してくれるサービスなのですが、海外と繋がる太い回線を細切れにして各プロバイダー会社がそれを切り売りしているとも言えます。メールやホームページのサービスは決して無視はできませんが付加的なものです。

プロバイダーごとの特徴や利用料金などは調べることはできますが、各社競争しているわけですから似たり寄ったりとなってきています。価格.comや比較.comで調べてみてもあまりよくわかりませんね。料金も大事なことですが、やはりサービスは品質が命でしょう。品質とは回線の高速性の確保と回線ダウンしない信頼性などですが、それらを調べるには実際に使ってみるしかないわけで、残念ながらこれらは口コミやネットでの評判を調べるしかないのです。

我々はパソコンに関してはあらゆるメーカのさまざまな機種について修理をしていますので、各メーカについてかなりの情報を得ています。しかし、プロバイダーについてはそうは行かないわけです。余談になりますが、情報公開というのは、“良いもの”については容易ですが、“悪いもの”についてはなかなか難しいです。おいしい店は紹介できても、まずいお店はできません。「しんまつどドッとこむ」を運営していて思うのですが、人気店やお勧め店は紹介できても、評判の悪い病院などの情報は公表できない辛さがあります。もっともそれを確証する客観的データを集めるのも大変ですけど・・・。

話を戻しまして、プロバイダーの選択と回線方式の選択とは密接ですから少しややこしい話になっています。ISDNはもはや過去の技術で遺物となっていますが、ADSLもいずれは過去のものになりますので今後の検討対象となるのは、光ファイバー回線でのプロバイダーです。ただし、NTTのBフレッツ回線は、プロバイダーを自由に選択できますが、auのひかりone(旧TEPCOひかり)やUSENのGyaO 光などを選択するとプロバイダーは選べません。光とは違うのですが、ケーブルネットがありますが有料のTVチャネルを視聴したい人などの選択肢としてあります。

結論的には、無責任な言い方になってしまい申し訳ないですが、それほど神経を使うほどのことでもないように私には思えるのです。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆

月刊新松戸2000年6月号 第27回 インターネット接続のトラブル解決法

日々の勉強と積み上げた経験が物をいうパソコンですが、特にインターネットなどの通信に関するトラブルの早期解決には職人のワザが必要かもしれません。この限られた誌面ではとてもとてもすべては網羅できませんが、基本的なことをきちんとチェックしてゆくことが大切だということを覚えておいて下さい。実際に電話での救援に際し、順序良く質問をしていき、詳しく説明して頂くとそれだけで解決できるケースが多いのです。

A.初めての接続の場合

  • 電話線は正しく接続しているか?
    モデムには、LINE(回線)とPHONE(電話機)の差込口があります。
  • 電話の種類の設定が間違っていないか?
    モデムのプロバティでプッシュ回線(トーン)とダイヤル回線(パルス)があります。電話に2種類あることを知らない方が意外と多いのです。因みにISDNはトーンにします。
  • 電話のアダプタに問題はないか?
    東京電話などの機器や配線によるノイズ(雑音)を拾っていると接続できません。
  • ソフトの設定に間違いはないか?
    インターネットに必要な接続用ソフト(ダイヤラー)と通信手順ソフトのTCP/IPのことです。プロバイダの指定通りに設定します。
  • IDとパスワードを正しく入れているか?
    大文字・小文字はきちんと区別する必要があります。日本語文字(全角文字)は論外です。

B.突然接続できなくなった場合
通信環境が変わったことに何か原因があるかをまず疑います。電話回線をISDNに変更したとか、ネットワークカードを追加したとかによって設定変更すべき個所はたくさんあります。

  • 電話線は正しく接続しているか?
    ノートパソコンなどで付けたり外したりする人の場合つい忘れてしまいます。
  • 外付けモデムの場合、電源を入れているか?
    また、シリアルポートを切替している場合、その切り替えスイッチもチェックしましょう。

C.その他
ハード・ソフトともに問題ないとすると、あとはプロバイダ(回線接続業者)に問い合わせをすることになります。

  1. アクセスポイント(接続の電話番号)が廃止になったり変更になったりしていないか
  2. プロバイダが一時的に不具合または定期保守点検でサービスを停止していたか

などです。これが、結構あるので困ったものです。また、夜間や休日は込合って繋がりにくいし、応答が異常に遅いこともあります。

[番外]
接続されているのにどこのホームページも表示できない現象があります。これは、ネットワークの設定でTCP/IPが複数個設定されていたりAOLなどのソフトが悪さをしていることが原因です。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆

月刊新松戸1999年6月号 第15回 インターネットの超基本的なこと!

基本的なことを知らないがために失敗したり恥をかいたりすることがありますね。結構インターネット(以下、Iネットと略します)の世界でも多いのです。今回は、Iネットについて皆さんに絶対に理解しておいて欲しいことをお話しします。

  1. インターネットとは?
    Iネットはどこにあるのでしょう。家庭からは電話や携帯電話を利用してプロバイダという業者を通してIネットに接続します。ですから、Iネットは電話回線の向こう側にある世界なのです。確かに物理的に世界中に繋がっていますが、情報という流れが目に見えにくい性質のものでもあります。そこで文字や絵や音などのデータが流れている高速道路と考えるとよいと思います。その道に何を走らせるかは利用者が決めているのです。
  2. Iネット・プロバイダとは?
    Iネットに接続するにはプロバイダとの契約が必要です。ほとんどのプロバイダはどこかのプロバイダの下に属しています。ネットワークの太い回線は、最終的に一般個人に細い回線となって割り当てているのがプロバイダ業者です。そこでプロバイダが何をしてくれるかというと、電話を通してIネットに接続してくれるのです。それ以上でもそれ以下でもありません。ただ、プロバイダ業者間の競争が激しいため、付加価値(おまけ)としてEメールアドレスをくれたり、ホームページを持つことができたりしています。
  3. Iネットに接続するということは?
    接続するためには、プロバイダに入会し会員となることが必要です。この時、接続するパソコンや発信する電話番号は関係ありません。接続するためには、会員番号(ID)とそのパスワードが必要なだけです。ですから、どこの場所からも自分のプロバイダ経由でIネットに接続できるのです。複数のプロバイダと契約する必要は普通ないのです。
  4. Iネットで何ができる?
    Iネットで使える機能でもっとも有名なものがホームページとEメールです。その他にもファイル転送(FTP)やネットニュースなど様々な機能があります。IネットとホームページとEメールの関係を正しく理解しておきましょう。
  5. Eメールの誤解
    Iネットに接続することとIネットの機能であるEメールを利用することは別のことと捉えましょう。例えば自宅を離れて友人の家で自分のメールを読みたい場合には、友人のプロバイダでIネットに接続し、自分のプロバイダのメールボックス(サーバ)からメールを読むということができるのです。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆

月刊新松戸1998年10月号 第7回 インターネットは、ゲームソフトと同じ

TV・新聞を見ても「インターネット」という文字を見ない日はないですよね。今回は、インターネットを不幸(?)にもまだ体験していない人たちにそっとお知らせしましょう。 すでにインターネットを楽しんだり情報収集などで仕事に役立てている人には分かっていることなですが、それは思ったよりもとても簡単なことなのです。  ワープロや表計算などを習得する為には、そのソフトの機能を理解し操作になれること、そして最終的には思い通りのモノを作り上げる技術とが必要となります。そのためには、何時間もの学習と繰り返しの訓練を要するのです。しかし、インターネットにはそれらは何も必要ありません。今回のタイトルのように、ゲームソフトと同じではないでしょうか。ホームページを見るだけの目的であれば、受け身であり、特に何かを作るわけではないからです。よく使う操作は、数個のボタン(アイコン)を押すだけなのです。

インターネットを指導する場合、ホームページを見るためのソフトの習得はほんの10分程度ですし、電子メール(Eメールとも言います)の使い方の指導を含めても1時間程で終わってしまいます。(ただし、電子メールの利用をマスターする為にはもう少し時間が必要かもしれませんが…。) インターネットは難しそうだからとか、もっとパソコンに慣れてから始めます、という方が結構いらっしゃるのですが、それは間違った先入観です。インターネットは、ゲームをするという感覚で簡単で気軽に始められます。

確かにインターネットは奥深いものですし、その技術は奥深いものがあります。しかし、パソコンユーザの立場では決して敷居の高いものではありません。もし障害(?)があるとすれば最初の導入時だけでしょう。プロバイダ(正式には、インターネット・サービス・プロバイダ)に入会してインターネットに接続することです。関連ソフトの設定は面倒かもしれませんが、それを乗り越えればあとは、とても簡単。インターネットのすばらしい文化に触れられ、かつ多くの恩恵を受けられるのです。当「パソコン相談室」は、これらも含めたあらゆるご相談を承っておりますし、実際に数多くの方をお助けしております。 未接続の方は、今日からでもインターネットの世界に飛び込んでみませんか。ワープロ習得は取りあえずちょっと置いといて…。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆