月刊新松戸2008年1月号 第114回 Pハウスは、東葛地区のヘルプ・デスクです!

Pハウスは、東葛の松戸市、柏市、流山市の全域を営業地域としています。パソコン修理と指導に関しての出張範囲ということです。それ以外の業務(ホームページ作成など)ではさらに広範囲ですが。

さて、題名に書きましたように、当店は非常にまれな特徴のあるパソコン関連ショップじゃないかと日頃から自負しています。というのも、他店ではほとんどやられていない高品質でかつ安価なサービスだからです。

  1. 親身になったパソコンサポート
    単に悪いところを直すだけではありません。病気で言うと予防のようなことも行っています。具体的には、故障の予知診断や予防のための数々のアドバイスや施術(?)です。パソコンの修理と相談の2方面を行っていますが、お困りの時にはまずはお電話か直接ご来店ください。何かヒントになることがあるでしょうし、かなりの割合で問題は解決します。しかも、その場で直れば無料か無料に近い料金ですのでとてもお得です。まさに駆け込み寺(ヘルプ・デスク)だと思います。
  2. 無料の電話相談
    さすがに会員限定なのですが、できる限り電話での解決を心掛けています。もちろん常識的な範囲の質問(5分程度でお答えのできる内容と質問数)に限らせていただいていますが、結構これで出張しなくてもよくなることも多いのです。商売としては全く矛盾した行為だとは思いますが・・・(^^ゞ
  3. お値打ち感が大事です
    小さくても企業ですので利益は大事ですが、それよりもお客様の笑顔が大事だと考えます。いくらよい修理をしても高額な修理料金ですと満足度は低いでしょう。これは非常に難しい問題なのですが、いくらなら高いと感じるかはもちろん修理内容にもよりますし、お客様によっても違います。しかし、結局は、お引渡し時の修理担当者の十分なご説明が大事だと思います。満足の行く修理内容となるよう最大限努力をしています。利益を第一に追求する他店ではあり得ないと思います。
  4. 当社はサービス業です
    製造業でも小売業でもありません。 無料相談は別として、およそ10分以上の長時間のご相談やご指導については料金をいただいています。弁護士さんの相談と同じように時間計算で料金設定しています。 ただ、パソコンを修理したり、個人指導したりするのはサービス業かも知れませんが、心意気はメーカです。つまり地道にかつ効率よく仕事をするということでは大量生産するメーカに通じる所があると思っています。

超がつく程の良心的なパソコン修理と相談室だと思いますので是非ご利用ください。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆

月刊新松戸2004年1月号 第70回 待っていました2004年!パソコン駆け込み寺

タイトルの前半は別に大した意味はありませんが、とにかく本年もよろしくお願いします。  さて、当パソコンPハウスでは、地元に根付いたパソコン・ライフのお手伝いをさせていただいておりますが、「パソコン相談室」として8年前に開設して以来、“パソコン駆け込み寺”としてこの辺りでは珍しいサービスをしてきたと自負しております。

当初は、ソフト業のかたわら細々と営業していましたが、現在会員さんは増え1千人近くになり東葛地区(松戸、流山、柏)には訪問サポートや出張修理も行っています。また、1年半前には新松戸支所裏に店舗を設けましたので、文字通り困ったときの駆け込み寺となっているのではと思います。上手に利用していただけると意外な程に(?) お役に立てると思います。

私はよく言うのですが、「パソコンは簡単であり同時にとても難しい」のです。接客時にとても神経を使うことなのですが、パソコンがどんなに複雑で難解な代物かいうことを理解していないお客様とのトラブルを避けなければならないからです。「パソコンの操作はとても簡単です。が、パソコンの中身は非常に複雑で難しいのです」前者の立場はメーカーやパソコン教室で、後者は、パソコン専門雑誌やパソコン修理業者なのでしょう。どちらが正しいということではなく、両面あるということです。

さて、我々の使命はパソコン・ライフへの手助けです。故障したり調子の悪いパソコンは修理します。壊れるように作られている、と言うと言い過ぎかもしれませんが、何しろあらゆる部品が壊れていますし、ソフトの不具合も多数あるからです。またウィルスや迷惑メール、セキュリティーの問題が今後も話題となり避けて通れないでしょう。

我々は、それらを総合的に解決しアドバイスもしております。個人の時よりも複数のスタッフで対応できるようになり以前より格段に修理範囲が広がりつつあります。一人の患者さんを何人かの医師で診察、治療するメリットは大きいと思います。また、医療事故のないように努めています。

Windows, Macintosh, そしてこれからますます増えるであろうLinuxについても対応しています。従来、WinもMacもクライアント(利用者)としての使用が多かったのですが、安価なLinuxのサーバ(提供者)によりNetworkが身近なものになってきました。小規模オフィスや家庭内でもLANが普及し、ネットワークやファイア・ウォールなどの知識が必要になってきていますが、当店ではこれらのご相談も承っております。インターネット、LANのトラブル, サーバー・クライアント構築、ホームページやCGIの作成などお気軽にお声をかけてください。Word/Excelなどのソフト指導ももちろんお任せください。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆

月刊新松戸2003年4月号 第61回 電話する前にちょっと一息入れて!

訪問修理での笑い話は実に多いです。すぐにでも一冊の本が書けそうですが、例えば、かなりの割合が、“単なるケーブル外れ“です。電源、電話線、モニター、ネットワークなどあらゆる線が行って見てみると外れているのです。一見、接続されているように見えても、接触が悪い場合がありますので今一度チェックしてください。また、何かおかしいと思ったら、一度電源を切って入れ直すことが、パソコンも含めた電気製品の基本中の基本です。できればこれらを確認してから電話していただけると助かります。あまりに簡単だと料金を頂きにくいですので(^_^;)

もうひとつお願いしたいことは、“せめて取扱説明書の最初の数ページには目を通して欲しい”ということです。あるお宅で、インターネットとプリンターの2つのトラブルを10分もかからずに直したことがありました。修理を依頼する人たちの大半は説明書をよく読まないようですが、基本事項の確認をしてお互いに時間の無駄を省きたいものです。もっと我々の腕の見せ所のあるトラブルを期待します、と言うと、皮肉っぽく聞こえるでしょうけれど、それ程にまで初歩的なミスが多いということです。

これは失敗談ですが、トラブル出張で、事前に原因や解決策がほぼ分かっている場合にはウキウキ気分で出かけます。しかし、見てみると全く違う別のトラブルが潜在していたというケースもありトホホとなります。さらに悲惨な場面ですが、修理がほんの数分で終了し、余った時間でサービスとしてチェックしている過程で、本当にパソコンがおかしくなってしまうことです。それでさらに2~3時間帰るに帰れないことがあります。嗚呼あの時すぐに引き上げていれば・・・。本当によくある泣ける話です。

さて、最近のパソコンの修理にはインターネット接続が不可欠です。ご存知ない方が多いのですが、Windows Updateは、お持ちのWindowsソフトを最新のものに更新します。早い話が、マイクロソフト社のソフトの不具合箇所の修正でもちろん無料です。また、Internet Explorerも最新版にします。さらにプリンターや他の接続機器のドライバーソフトも最新にします。もし、修理するパソコンにネットワーク機能がない場合には、LANカードを入れます。取り外すも面倒だし安価なのでそのままつけてお返ししています。

当社の自慢は、安易にハードディスクの初期化やリカバリーCDによる復活をしないということです。お客様の大切なデータや設定を残したままで復旧させることを信条としています。採算性から言うと難しいのですが、やはりお客様に満足頂けたらと思って可能な限り頑張ります。

パソコンの設置、接続、設定、修理そして指導などあらゆるご相談に関して、パソコン「Pハウス」を今後ともよろしくお願いします。

松戸パソコン修理Pハウス
野口 隆